龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせ

第二千九百七十五回目は、龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせです。

今日は着尺(小紋)を合わせてみました。龍村の袋帯であれば、フォーマルでも合わせたいところですが、今日はとりあえず小紋から。

IMG_3331.jpg
いちばん上の写真は、野口の加工着尺を合わせてみました。制作したのは堀栄さんですが、堀栄さんは加賀友禅の修業をした後に京都で活動している人ですから、この作品も手描き友禅によるものです。

小紋は型で染めるのが合理的ですが、稀にこのようなものがあり、小紋とは言わず加工着尺と言います。輪郭のみが型で手彩色したものや、地紋に沿って手彩色したものも加工着尺といいますから、厳密な定義のある言葉ではないですね。

形式としては飛び柄の小紋ですから、どんな帯にも合わせやすく、当然この帯合わせも全く違和感はありません。

IMG_3337.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の着尺(小紋)を合わせてみました。制作したのは大和さんです。意匠化された洒脱な菊模様です。単色でシンプルですから、絵画として単体で鑑賞するのには向きませんが、着物としては使い勝手がすごく良いです。

今回もよく合っていますが、帯の間道の直線模様に対する、菊の花弁の曲線模様が良いのかもしれませんね。

IMG_3350.jpg
写真3番目は、野口の着尺を合わせてみました。古典である唐草模様を、綺麗な水色でモダンな雰囲気にしたものです。帯の茶色に対する着物の水色という補色関係も綺麗ですし、模様も帯の直線に対する着物の曲線も対照的で良いです。
また名物裂の間道に対して、着物も上代裂や名物裂の唐草ですから、模様の格もじつは合っています。

IMG_3339.jpg
写真4番目は、野口の着尺を合わせてみました。縞更紗の着尺ですね。更紗は元来、曲線模様ですが、それが縞の中に納められる模様です。直線模様である袋帯に対し、曲線模様でもあり直線模様でもある着物を合わせるという複雑な状況になっています。
スポンサーサイト
[ 2015/01/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/540-a90e3ac6