2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせ

第二千九百七十三回目は、龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせです。

縞の帯というのは粋でカジュアルなイメージですが、「縞」と言わず「間道」と言えば名物裂の写しのような気がしてフォーマルっぽいイメージになります。それがさらに龍村ブランドであれば、なおフォーマルイメージが強くなりますね。結果として、この帯はカジュアルなのかフォーマルなのか解釈次第ということになり、紬でも訪問着でも小紋でも幅広く使えるのではないかと思います。

今回はすべて試してみようと思っていますが、まず今日は紬です。

IMG_3198.jpg
いちばん上の写真は、松枝哲哉の久留米絣を合わせてみました。水が流れるような曲線模様を描く絵絣です。帯がカチッとした直線模様ですから、このような流麗な模様を合わせるのが基本だと思います。色は、帯が青も茶も含んでいるので、着物が藍染であっても泥染であっても対応しています。

紬に合わせる帯を選ぶときは、日本の紬の色は藍染か泥染で染めていることが多いのですから、黒はなんでも合うとして、青と茶に対応していることが大事ですね。

IMG_3206.jpg
写真2番目は、林宗平の古代紬(塩沢紬と分類されるであろう林宗平のブランド)を合わせてみました。色は藍染で上の例と同じですが、こちらは構成のしっかりしたカチッとしたデザインです。着物と帯がカチッとした直線どうしの組み合わせということになります。

IMG_3207.jpg
写真3番目は、秋山真和の「綾の手紬」を合わせてみました。帯がカチッとした直線模様であるのに対し、着物はアットランダムかと思うような模様です。いちばん上の例と同じく、これもまた対照的な意匠の組み合わせですね。

IMG_3200.jpg
写真4番目は、山口良子の首里花織を合わせてみました。福木で染められた輝くような黄色(草木染は本来こうであるべきですよね、草木染で草木染らしい色を染めているということはすでに失敗しているんだと思います。)の着物で、模様は花織(地の糸が変化して紋織になる)と浮織(別の糸を差し入れて紋織になる)を併用しています。染の技術も織の技術もかつての官服に相応しいものですね。

「官服に相応しい」と感じる格の高さがあるということは、カチッとしたものどうしの組み合わせということになります。

IMG_3222.jpg
写真5番目は、かつての重要無形文化財の要件を備えている結城紬を合わせてみました。100亀甲の総柄です。龍村の帯を買う人は、結城紬も買うでしょう。だからこんな帯合わせがありがちではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2015/01/24 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/538-08ca4a4d