2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「彩香間道」

第二千九百七十一回目の作品として、龍村の袋帯「彩香間道」を紹介します。

私の大好きな龍村の間道の1本です。他の間道はすべて「日野間道手」「青木間道手」のように名物裂にちなんだものですが、これはオリジナルなのでしょうか。普通は「サイコウ」といえば「彩光」の字を当てるものですが、ここではあえて「彩香」となっているのが、作品を読み解くヒントでしょう。

普通は、彩りは光から生じるものですが、ここでは香りから彩りが生じているのでしょうか。視覚と嗅覚の違いですね。

IMG_3119.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。

IMG_3121.jpg
写真2番目は、ちょうどお太鼓として出る辺りです。横段があります。

IMG_3130.jpg
写真3番目は、裏も見えるように写真を撮ったものです。裏も同じ模様で、どちらも締められそうです。

IMG_3138.jpg
写真4番目は、品質表示ラベルです。ポリエステルフィルムの撚金糸が少し使ってあるだけで、その他は普通の絹糸ですね。指定外繊維(紙)はないので、本金の引き箔は使ってないようです。
スポンサーサイト
[ 2015/01/22 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/536-f0641cc0