2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「秋景」の帯合わせ

第二千九百六十二回目は、龍村の袋帯「秋景」の帯合わせです。

今日は、帯のテーマと着物のテーマが無関係な帯合わせの例と、帯と着物のテーマが合いすぎる帯わせの例です。

IMG_3238.jpg
いちばん上の写真は、野口の付下げを合わせてみました。唐花模様を四角い取り方に入れて、それを縦に規則正しく並べるという図案の着物です。唐花模様は正倉院以来の伝統的な模様ですから、帯が秋景でも春景でも関係なく受け止めてくれますね。

IMG_3246.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の付下げを合わせてみました。制作したのは中井淳夫さんです。雪輪の中に流水や波頭など、水に関する日本の伝統的なモチーフを入れたものです。ブルーグレーの地色に銀の箔ぼかしが多用されています。波のモチーフもまた季節がありませんから、どんな帯でも受け止めてくれます。

IMG_3241.jpg
写真3番目は、野口の付下げを合わせてみました。制作したのは倉部さんです。着物と帯がほとんど同じ模様であったらどうなるかという実験です。「大事なことなので2回言いました」みたいな帯合わせですね。ちなみに「大事な・・・」というのは、昔みのもんたがポリデントのコマーシャルで言ったフレーズです。実際にこのコマーシャルでは3回言っていたそうですが。

みのもんたを例に出したからというわけではないですが、しつこい帯合わせですよね。みのもんただからというわけではないですが、「大事なことなので2回言いました」と面と向かって言ったら反発されそうですね。(私も2回言ってみました。)

IMG_3243.jpg
写真4番目は、上の例で実際の帯合わせに近づけてみました。このブログの帯合わせでは、着物の前姿に帯のお太鼓を合わせています。しかし実際には両者を同時に見ることはありません。本当は、この写真のように腹文と前姿が並ぶのです。こうして見ると、秋草と雁と秋の空気が合わさって完全な一幅の絵になります。

IMG_3584.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の訪問着を合わせてみました。制作したには倉部さんです。刺繍と箔を使った琳派秋草模様です。倉部さんの堂々たる訪問着ですごい作品ですが、この帯合わせはお勧めできないですね。
スポンサーサイト
[ 2015/01/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/527-524d8ff4