一の橋の付け下げ「松皮菱慶長」の細部

第二千九百十六回目は、一の橋の付け下げ「松皮菱慶長」の細部です。

友禅、疋田、刺繍、箔を併用した作品です。倉部さん主導で制作した作品は、刺繍と箔のみの作品になりますが、これは一の橋が主導した企画なので、友禅や疋田が併用され総合的な作品になっています。慶長小袖に似た意匠の作品があり、それに取材していると思われますが、「写し」というほどでもないです。

IMG_0802.jpg
いちばん上の写真は、マエミの近接です。松の刺繍の部分は、倉部さんらしく全く隙が無いですね。扇子の疋田部分ですが、このような疋田は描き疋田か型疋田かわかりにくいです。狭い面積のばあいは描き疋田の方が合理的な場合もありますが、縁蓋を使って模様の外形を決めておき、四角い汎用型を使うばあいが多いようです。

中井淳夫さんは、どんな小さい個所でもその形に合わせて疋田の型を新調したため、かえって描き疋田より高かったそうです。一般の常識では型より手描きの方が価値があると思いがちですが、中井さんほどの人となると別の美意識があるんでしょうね。

おそらくこの場合は、汎用型で型疋田として染めながら、外縁近くにある疋田のいくつかを手描きで染め潰していると思われます。絞りが失敗した部分の表現ですね。この絞の抜けの表現があるために、型でも立体感があるように見えます。

IMG_0822.jpg
写真2番目は、オクミの近接です。松皮菱内部は紫に彩色され、その上から摺箔による表現がされています。凸凹のある表現なので、金泥描きか摺箔かわかりにくいですね。でもここが手描きタッチでなければ、もっと平板なつまらない作品になっていたはず。技法がどうかということよりも、作者が手描きタッチの魅力を追求していたということが大事ですね。

IMG_0803.jpg
写真3番目は、マエミの近接で、いちばん上の写真の扇子の下辺りです。

IMG_0812.jpg
写真4番目は、マエミの近接です。裾に近い方ですね。

IMG_0809.jpg
写真5番目は、袖の近接です。

IMG_0820.jpg
写真6番目は、後姿の近接です。細部を見てきた感想は、全体は大胆ですが、細部は緻密な作品ということです。人生や事業で成功する人は皆、大胆な計画を立てながらも、緻密に実践していくものですよね。作品も同じです。
スポンサーサイト
[ 2014/11/27 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/481-3860c6ea