2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

喜多川俵二の名古屋帯「角繋ぎ」

第二千八百六十四回目の作品として喜多川俵二の名古屋帯「角繋ぎ」を紹介します。

喜多川俵二の帯を買おうという人は、有職文の上品さを求めているのだろうと思います。もっと正確に言えば、有職文であればだれからも上品と見られるだろうという、世間的な安全性ですね。この帯は、私は特に好きな1本ですが、そういう人の期待は裏切るでしょうね。

IMG_9613.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。単純で大きな意匠です。こういう意匠は上品の逆になることが多いですね。しかし、作者はそうならないために配色に細心の注意を払っているように見えます。角繋ぎの色は、朱、紫、薄い緑の3色ですが、背景となる間道部分も巧みに同系色に合わせています。こういう作品は配色が大事で、地色の選択で少しでも杜撰なところがあれば、ただの下品な帯になってしまうでしょう。

IMG_9611.jpg
写真2番目は近接です。

IMG_9614.jpg
写真3番目は拡大です。拡大してみると、この帯の組織の構造がよくわかります。さきほど配色が上手と書きましたが、じつはその配色も組織の構造から必然的に生じていることがわかります。

まず地の意匠は間道ですから、経糸の色が一定のパターンで替えてあります。ベージュと水色の2種類だけですが、色が替わる境界はくっきり分かれているところと、グラデーションになっているところがあるので3色に見えます。一方、緯糸は角繋ぎの模様と同じですから、朱、紫、薄い緑の3色です。じつは使っている糸の色はこの5色だけなんですね。

地の間道の色は、経糸の3色に対し、緯糸の3色が交りますから9通りの色になります。拡大写真で見ると、この9通りの色は主に経糸が表に出ることでつくられています。一方、角繋ぎの模様の色は主に緯糸が表に出ることでつくられています。

織物って、数学の図形の問題みたいですよね。

IMG_9616.jpg
写真4番目は別の場所の拡大です。
スポンサーサイト
[ 2014/10/06 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/429-8eb8b48a