2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千ぐさの訪問着の帯合わせ

第二千八百四十八回目は千ぐさの訪問着の帯合わせです。

昨日の訪問着に帯を合わせてみます。着物の模様については、桜ではなく梅ではないかと思った方も、少なからずいらっしゃるのではないかと思います。じつは小袖の意匠では、桜も梅も橘も幹の特徴を描き分けていないことが多いのです。この着物に描かれた幹と太い枝も、正確には桜というよりも小袖の様式を踏襲しているということです。ただ花びらの形が先端に割れ目がある桜の特徴を示すものがあるので桜にしています。立木模様を比較に出す場合において、桜の方が都合が良いですしね。

IMG_1418.jpg
いちばん上の写真は、大西勇の袋帯を合わせてみました。象と烏の組み合わせということで、ちょっとびっくりしますが、コプト織に取材したもののようです。象がいると、桜とも更紗ともつかない模様が、完全に更紗に見えてきます。すると本来フォーマルである訪問着がお洒落っぽく見えてくるという効果があります。

IMG_1382.jpg
写真2番目は、洛風林の袋帯「飾宝華文」を合わせてみました。本歌はよくわかりませんが、唐花文の一種です。茶系の地色に対し白地の帯はきれいですし、本来は外来でありながら日本のフォーマルとして定着した唐花文は、この着物に相応しいパートナーだと思います。

IMG_1384.jpg
写真3番目は、坂下織物の「御門綴」シリーズの1本で正倉院文様をテーマにした帯を合わせてみました。正倉院文様というのは日本でもっとも古い古典でありながら、外来の文様であるという二重性を持っているので、桜だか更紗だかわからないこの着物の模様とも違和感が無いように思います。

IMG_1388.jpg
写真4番目は、大西勇の袋帯「有栖川龍文」を合わせてみました。名物裂である有栖川錦は有栖川家ではなく加賀前田家に伝来し、現在は前田育徳会が所蔵しているものですから、なぜ有栖川というのかわかりません。また織られた場所についても琉だから中国だろうと言われますが、オスマントルコとしている本もありますね。有名なわりに謎の多い裂です。

今回は着物の中にある有栖川錦を連想させるカクカクした鹿と鳥に合わせてみました。

IMG_1396.jpg
写真5番目は、紋屋井関の袋帯「銀平脱合子」を合わせてみました。銀平脱合子は聖武天皇が碁をした時の碁石入れで、正倉院に現存しています。象さんチームと鸚哥さんチームがあり、日本で最も古い古典の一部でありながらエキゾチックな雰囲気です。余分な色を使わない金地の帯です。茶系に金は安心して合わせられる定番の帯合わせですよね。
スポンサーサイト
[ 2014/09/20 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/413-f6fb9e32