銘仙の着尺の帯合わせ

第二千八百四十一回目は銘仙の着尺の帯合わせです。

今日は染め帯を合わせてみます。

IMG_1125.jpg
いちばん上の写真は、藤井絞のうさぎの帯を合わせてみました。このような意匠の帯は、友禅のような絵画性の高い技法で表現すると、おそらく通俗的な雰囲気になってしまいます。ファンシーショップで売っている雑貨のイメージですね。しかしながら、この作品は絞りであるために救われています。絞りというのはもともと絵画的表現に向かない技法ですが、それで苦労して絵画表現をしているために(辻が花とはそういうもの)、あまり通俗的にならずに済んでいると思います。

これまでのアンティーク銘仙のファンも納得する帯合わせではないでしょうか。

IMG_1128.jpg
写真2番目は藤井絞の辻が花写しの名古屋帯を合わせてみました。帯の生地は紬です。辻が花の高度な作例として現存しているものを、かなり忠実に写したものです。生地は生成りで、模様の部分に色がついています。これを染液に浸けて表現するのは極めて高度な技術です。

IMG_1129.jpg
写真3番目は、藤井絞の名古屋帯を合わせてみました。「パリオペラ座の屋根」というテーマです。絞りというのは生地を摘まんで圧力かけて防染して染液に浸けると、摘まんだ部分が染め残るという原理ですが、その原理を考えると、このような絞り表現は極めて困難だと気づきます。感性重視の個人作家ではできない職人技ですね。ついでに言えば、デザインもすごく良い。

IMG_1126.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の友禅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。着物が具象的な花模様なので、抽象柄の帯にしてみました。テーマは斜線と水玉で、色は黒と茶色と金、かなり個性の強いモノで、着物の多色を押さえ込んでいます。銘仙の波乱の歴史も押さえ込んでいる感じです。

IMG_1124.jpg
写真5番目は、野口の友禅染の名古屋帯を合わせてみました。生地はしぼの大きい縮緬です。帯と着物が染めと織で技法は違っていても、テーマが菊の花で同じだったらどうなるんだろうというテーマです。まさかこういう合わせ方をする人はいないだろう、という帯あわせです。
スポンサーサイト
[ 2014/09/14 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/406-9f77a6eb