2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

振袖の概略というテーマのつづき

第二千八百三十一回目は振袖の概略というテーマのつづきです。


koten.jpg
いちばん上の写真は作者がどうというものでもないですが、まじめな悉皆屋さんの振袖です。技法的にはゴム糸目の手描き友禅です。光沢のある綸子の生地を使っているため、地色は金茶色との相乗効果で金色に光って見えます。

chijisuzunoya.jpg
写真2番目は千切屋治兵衛の標準品(とはいっても高級)の振袖です。技法としては手挿(型糸目輪郭線が型)です。意匠は琳派の草花模様を素直に描いたものです。余白の美も感じるすっきりとした意匠です。

chijiichimatsu.jpg
写真3番目は上の作品と同じく千切屋治兵衛の標準品の振袖です。技法としては手挿です。昨日の鴛鴦の振袖のように全体を市松にしています。朱色の型疋田で、私のイメージする京都風です。

takeda.jpg
写真4番目は竹田庄九郎の振袖です。昨日は京都の絞りの代表として藤井絞の振袖を紹介しましたので、今日は有松代表として竹田庄九郎の振袖を紹介します。「竹田庄九郎」というのは有松絞の創始者の名前ですが、現在は江戸時代から続く絞り商である竹田嘉兵衛商店のブランドです。

絞りの振袖の典型的な様式なので、これを着ると典型的なお嬢さまになりそうです。コスプレのつもりで、昔のお嬢さまになってみるのも良いのではないかと思います。

okajuuichimatsu.jpg
写真5番目は岡重の着尺(小紋)を元に作った振袖です。市松模様の着尺をベースに作ってみました。梅、桜、椿、菊、紅葉の四季の草花をテーマにしています。お洒落なパーティー着のイメージですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/395-f9d5187b