2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の着尺「乱菊」の帯合わせ

第二千七百九十五回目は千切屋治兵衛の着尺「乱菊」の帯合わせです。

今日は染の名古屋帯を合わせてみます。

IMG_0538.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の友禅の染め帯(制作は藤岡さん)を合わせてみました。植物文、しかも一種類の植物にテーマを限定した着物に対して帯を合わせるのは、意外に悩むことがあります。同じ植物どうしではしつこいし、異なる植物では、着物が元々持っているメッセージが薄まってしまいます。

ここでは植物どうしになるのを避け、動物を合わせてみました。

IMG_0544.jpg
写真2番目は、加賀友禅作家中町博志の染め帯「菊」を合わせてみました。植物どうしが本当にダメなのか確認してみるということで、とりあえず全く同じ乱菊というテーマを合わせてみました。

乱菊というテーマは同じですが、色については黒地に黄色という作家モノらしい個性的な作品ですから、モノトーンの着物に対しては対照的です。それが唯一の合わせる理由ですが、菊の花のイベントでもない限りこういう帯合わせをする人はいませんよね。

IMG_0546.jpg
写真3番目は、加賀友禅作家中町博志の染め帯「砕」を合わせてみました。植物でも動物でもない季節もないテーマを合わせてみました。上と比べるとホッとしますね。

IMG_0404.jpg
写真4番目は、藤井絞の辻が花写しの六通の名古屋帯を合わせてみました。3番目の例では着物のモノトーンに対して帯は加賀友禅らしい多彩でしたが、今回の辻が花の帯は感触の染分けと墨描きですからモノトーンのイメージです。全身モノトーンを貫くと森田空美風になりますね。

IMG_0549.jpg
写真5番目は、藤井絞の絞りで表現されたうさぎの染め帯を合わせてみました。グレー地に白く抜けた絞りで、やはりモノトーンの帯合わせですが、うさぎがかわいいので森田空美風というよりも愛嬌のある帯合わせになっています。

IMG_0543.jpg
写真6番目は、秀雅の堰出の疋田と刺繍の帯を合わせてみました。制作したのは千代田染繍かその周辺でしょう。テーマは竜田川ですから、着物と同じ秋です。秋の装いということで結構お洒落ではないかと思います。着物の型染に対し、帯は手描き疋田と刺繍ですから技法が重ならないのが良いです。
スポンサーサイト
[ 2014/07/30 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/359-b3f48087