fc2ブログ
2023 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 11

池口平八の袋帯「唐箔」の帯合わせ

第五千八百六十三回目は、池口平八の袋帯「唐箔」の帯合わせです。

今日は、先日の美しいキモノの取材で登場した訪問着と付下げに合わせてみました。

DSC08047ee.jpg
いちばん上の写真は、北秀の訪問着を合わせてみました。実際に制作したのは大定です。当時の北秀の特選商品は、京友禅の安田、東京友禅の千ぐさ、千代田染繍、大松、大松から分かれた吉田、そして大定でした。
これは江戸時代の友禅の小袖に取材したものです。友禅の小袖には、絵画性に優れているという長所を生かして京名所図会、近江八景など観光案内的なものがありました。大名の妻は一生江戸にいて旅行はできない立場ですから、こんな意匠が好まれたでしょうね。

DSC08045ee.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の訪問着「胡桃」を合わせてみました。実際に制作したのは、中井淳夫さんです。ダンマル描きによる写生的な作品です。美しいキモノの企画で紹介したときは、独特の絵画世界のようでしたが、特殊な帯でなくても合いそうです。

DSC08043ee.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の訪問着「松皮霞染分秋草」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。美しいキモノの企画で紹介したときは存在感が強くて、合わせる帯も思いつかない感じでしたが、この帯でそれなりに合っていますよね。

DSC07810ee.jpg
写真4番目は、野口の付下げ「小袖写し風景模様」を合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。これに関しては着物単体で撮ったときよりも、帯を合わせた方がきれいに見えます。

DSC08071ee.jpg
写真5番目は、野口の付下げ「小袖写し梅楓東屋模様」を合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。これは後ろ姿の模様を合わせています。いつもはマエミに帯のお太鼓を合わせていますが、本来はこのように後ろ姿を合わせるのが正しいですよね。

DSC08067ee.jpg
写真6番目は、花也の付下げ「和本」を合わせてみました。小袖の図案にも本がテーマのものはあります。そのような図案では本のうち何冊かは絵本になっていて絵画風の友禅を披露するものなのですが、この作品にはそのような表現はありません。最後まで抑制的で隙のない描き疋田を見せているんですね。
スポンサーサイト



[ 2023/06/09 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/3550-ef0aeeea