2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

喜多川俵二の名古屋帯「鳥襷丸文」の帯合わせ

第二千七百八十七回目は、喜多川俵二の名古屋帯「鳥襷丸文」の帯合わせです。

喜多川俵二の名古屋帯の中でも人気のあるこの帯は、いちばん帯合わせしやすい帯でもあります。もちろんフォーマル方向限定という条件ですから、今日は付下げと合わせてみます。龍村との帯合わせがべストと思われている濃厚な色彩の大羊居でも、皇室風に上品な花也の白揚げでも、どちらも合うというところをお見せします。

IMG_9792.jpg
いちばん上の写真は、大羊居の付下げ「稔りの里」を合わせてみました。刈り取った稲穂の中に農家など田園風景があるという、写生とは反対の発想からなる意匠です。意外というよりも、これこそ友禅の意匠というべき発想ですね。大羊居といえば遠目のきく大きな模様や濃厚な色彩をイメージしますが、これは意匠の面白さはありますが、模様は小付けで、地色も優しい、誰でも着やすい着物です。

IMG_9789.jpg
写真2番目は、大羊居の付下げ「流麗華文」を合わせてみました。黒い地色に原色の花、その上に金彩と金糸の刺繍というインパクトの強い華やかな作品です。上の例はかなり違いますが、これもまた大羊居の様式の1つですね。今日の喜多川俵二は、どちらにもよく対応していると思います。

IMG_9819.jpg
写真3番目は、花也の付下げ「白川女」を合わせてみました。京都には観光資源にもなっている「大原女」「白川女」という伝統的な衣装の行商の女性がいますが、その頭に載せた商品だけを意匠化したものです。花枝など大部分を白揚げで表現し、花にわずかな色挿しをしています。着物も帯もどちらも上品ということで合っていると思います。

IMG_9805.jpg
写真4番目は、野口の付下げ「琳派秋草花」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんで、模様はすべて刺繍です。地色が赤みのある茶色で、着物の地色としては、私のような関東人には意外性があります。この珍しい色目にもちゃんと対応していますね。
スポンサーサイト
[ 2014/07/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/351-ae83917f