2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

一の橋の付下げ「切霞割付文」の帯合わせ

第二千七百七十九回目は一の橋の付下げ「切霞割付文」の帯合わせです。

昨日は、着物の意匠が絵画性が低いので、それを補うように絵画性の高い帯を合わせるという趣旨でしたが、どちらかというと着物の特徴を補う帯よりも着物と似た特徴を持つ帯の方が合うのではないか、という結論になってしまいました。恋愛ドラマであれば、性格が反対のカップルの方が面白いでしょうが、現実には性格が似ているカップルの方が上手くいっているんでしょうね。

今日は名古屋帯を合わせてみます。龍村と喜多川俵二を2本ずつ使います。

IMG_0294.jpg
いちばん上の写真は、喜多川俵二の有職織の名古屋帯「鳥襷文」を合わせてみました。喜多川俵二の帯の中でも人気がある「鳥襷丸文」です。実際、こうして帯合わせしてみてもしっくり嵌るので、人気があるのもわかります。まだこのブログでは紹介していないので、後日、細部も含めて紹介しようと思っています。

IMG_0297.jpg
写真2番目は、龍村の名古屋帯「寄せん切れ」を合わせてみました。「角倉金襴」「笹蔓金襴」などの名物裂を切嵌めした意匠です。このように蒐集した名物裂を切嵌めする文化もありますが、この帯はもちろん切嵌めではなく1つの裂で、意匠として織られたものです。

名物裂の中でもとくに有名なものを集めただけですから意匠としては創作的とも言えませんが、その代わり色は多彩で華やかな画面になっています。

IMG_0293.jpg
写真3番目は、喜多川俵二の有職織の名古屋帯「蝶華文」を合わせてみました。この帯もいずれ細部を紹介するつもりですが、細部にちゃんと「蝶」がいます。喜多川俵二の帯は、人間国宝という先入観があるからかもしれないですが、上品で存在感もあるとても良い帯に思えます。しかも帯合わせもしやすい万能性もありますね。

余裕があれば1点買っても良いように思います。ただし、一点以上は買う必要はないかもしれませんね。いちばん上の帯もこの帯も、模様は違っても受ける印象が同じなので。

IMG_0300.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「平泉遺宝文」を合わせてみました。中尊寺金堂の内部の荘厳具の1つである華鬘をモチーフにしたものです。向かい合う鳳凰で、元の作品は金銅製です。模様としては、着物が疋田と割り付け文だけであるのに対し、鳥という生き物を加えた点で画期的ですが、その一方で色は着物と同じクリーム色に金糸のみで、何も加えていません。柄を加えたら色は加えない、帯合わせのコツというか、人間関係のコツでもありますね。
スポンサーサイト
[ 2014/07/14 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/343-9658f37a