2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

一の橋の付下げ「切霞割付文」の帯合わせ

第二千七百七十八回目は一の橋の付下げ「切霞割付文」の帯合わせです。

今回の一の橋の着物は、割り付け文と描き疋田と金線とぼかしでできているので、絵画性に乏しいともいえます。着物に不足している要素を帯で補充する、というのは帯合わせの基本パターンの1つですが、絵画性といえば友禅なのでなので、今日は友禅染の帯を合わせてみます。

絵画性の高い友禅といえば写生調の加賀友禅なので、さっそく合わせてみましたが、写真を載せる気にならないぐらいしっくりこないんですね。「着物に足りないものを帯で補充する」という発想は万能ではないのかもしれませんね。それにくらべて「似た傾向で揃える」という方向は、いかなる場合でも安全といえるかも知れません。

IMG_9404.jpg
いちばん上の写真は、一の橋の友禅の名古屋帯「薬玉」を合わせてみました。一の橋の下職の中でも中井系の職人を使っているので、雰囲気が中井淳夫さんですね。友禅も箔も刺繍も惜しみなく使った重厚な作品ですが、色は抑えられています。

IMG_9394.jpg
写真2番目は、花也の友禅染名古屋帯「湊取り琳派松梅」を合わせてみました。花也は安田系の糊糸目が美しい作品が多いですが、これは別系統の下職を使っています。自前で工房を持っている作家は同じ系統のものしか作れませんが、京都の悉皆屋のシステムの下では複数の系統のものができるんですね。

IMG_9402.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の友禅染名古屋帯「松重ね」を合わせてみました。乾山の陶器の箱の絵付けを写したものです。単純な図案ですが、松を染める染料に金箔粉を混ぜるなどして重厚な色を作っています。

IMG_9390.jpg
写真4番目は、花也の染めの名古屋帯「地割松笹」を合わせています。ダンマル描きの上に箔を置き、さらに刺繍をしたものですから、厳密に言えば友禅ではありません。さらに「絵画性が高い」というのも曖昧ですね。結局、似た者同士の帯合わせであったかも。
スポンサーサイト
[ 2014/07/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/342-bc837e32