2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の付下げ「色紙更紗花」(制作は倉部)

第二千七百六十四回目は千切屋治兵衛の付下げ「色紙更紗花」を紹介します。実際に制作したのは倉部さんです。

金糸の刺繍のみによる作品で、色は同じながら繍い方を変えて遠近感など表現しています。次回は細部を紹介しますが、細部の拡大を見ると遠近感を演出する仕掛けがわかります。

IMG_8281.jpg
いちばん上の写真は前姿(マエミ+オクミ)です。色紙はマエミに2個、オクミに1個で、前姿合計3個です。

IMG_8290.jpg
写真2番目は後姿です。色紙は背中心を挟んで2個です。

IMG_8286.jpg
写真3番目は袖です。片袖に1個です。倉部さんの刺繍は高コストなので、付下げの模様の配置としては必要最低限しかありません。しかし、それで十分な存在感があります。

IMG_8289.jpg
写真4番目は胸の模様です。胸だけは更紗模様が色紙で隔離されていません。着る人の顔の周りは硬い四角形を避けているのでしょう。
スポンサーサイト
[ 2014/06/29 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/328-6cbb442d