2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の絽縮緬の名古屋帯の帯合わせ

第二千七百二十五回目は花也の絽縮緬の名古屋帯の帯合わせです。

今日も昨日の続きですが、花也の絽縮緬の名古屋帯を付下げに合わせてみます。本来は染の名古屋帯を染めのフォーマルに合わせることはしません。例外があるとすれば、その染の帯が箔や刺繍を多用した重厚な帯であるばあいだけですね。今回の帯はそういう帯ではありませんから、フォーマルに合わせるわけにはいきません。

ではどの程度ダメなのか。みなさんが現実世界でするわけにはいかないので、ここでエア帯合わせとしてしてみます。

IMG_9025.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の付下げを合わせています。フォーマルに合わせるのは無理ということで、フォーマルの中でもいちばん軽い付下げ、しかも「棒霞」という軽い模様にしてみました。このような模様は、模様の形が単純ですから、配色や質感だけが見せ所です。配色や質感が平凡だとただの安物になってしまいますね。

制作したのは藤岡さんです。普通の友禅だと白い輪郭線が残りますが、地色と模様の色の調和を重視して糸目の線を残さない友禅をしています。

IMG_9020.jpg
写真2番目は千切屋治兵衛の絽の付下げを合わせています。制作したのは中井亮さんです。タイトルは「浜辺」で、透明感のある青い地色にぼかしだけを使って海岸線を表現しています。ぼかしの技巧のレベルが高く、芸術性も高い作品ですが、同時に「ぼかしだけの軽い作品」なので、名古屋帯でも大丈夫か、ということで合わせています。

IMG_9064.jpg
写真3番目は野口の紗の付下げを合わせてみました。鷺草をテーマにしたもので、植物どうし、ちょっと悩む組み合わせですね。今回でいちばんリスクが高いです。ただ1つ救いがあるとしたら、帯の模様が糊糸目なのに対し、着物の模様がカチン描きなのでタッチが違うことですね。

IMG_9031.jpg
写真4番目は千切屋治兵衛の絽の付下げを合わせています。植物どうしは難しいということで、器物文様を合わせています。

1331a.jpg
写真5番目は、今回の帯の帯合わせの最後なので、私がいちばん好きなパターンにしてみました。東郷織物の夏大島です。格子柄ですから高いものではないですが、茶色と水色の組み合わせ、しかも真夏に、というのが気に入っています。
スポンサーサイト
[ 2014/05/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/288-6dcfb846