大羊居の名古屋帯「宝来舶載」の帯合わせです

第二千七百四回目は大羊居の名古屋帯「宝来舶載」の帯合わせです。

今日は昨日の「宝来舶載」の帯合わせです。実際に試してみると、紬から訪問着まで非常に広く使える帯だと気が付きます。染めの名古屋帯ですから、本来は紬や小紋に合わせれば良いのですが、箔や刺繍も多用されていますし、宝物が載せられているという非日常的なテーマから、フォーマルでも使える雰囲気になったのだと思います。

IMG_9193.jpg
いちばん上の写真は野口の付下げと合わせています。友禅の模様の上に一度箔を貼ってから、また箔を剥がすという「箔剥がし」の技法によるものです。普通は金箔を使うと派手になるものですが、この「箔剥がし」という技法は友禅の色が抑制されてかえって地味に見えるのが特徴です。大羊居の帯は色が鮮やかですから、その相手としては抑えた色を選んでみました。

今回、この帯合わせを選んだもっと大事な理由は、テーマが宝尽くしだからです。この船に載せられているであろう宝物を着物の模様として見せてみたのです。

IMG_9197.jpg
写真2番目は、野口の訪問着と合わせてみました。制作したのは倉部さんで刺繍と箔によるものです。着物に友禅を使っていない方が、帯の完璧すぎる友禅と競合しないで良いだろうということで選んでいます。そして何より、この着物のテーマも宝尽くしです。

IMG_9204.jpg
写真3番目は、館山の唐桟縞と合わせてみました。2軒ある齋藤さんの工房のうち光司さんのものです(現在は代替わりしています)。南蛮船や紅毛船が舶載して来たものには、東インド会社が輸出した木綿の縞である唐桟もあります。

当時の本物は名物裂として伝わっているのみですが、それを真似て日本で織られたのが川唐であり、それに学んで明治の初めに館山で織り始めたのが齋藤家の唐桟です。川越はじめ他の産地では絶えたり機械織りにされているので、唯一商品として継続して手織りされている齋藤家の唐桟が、ホンモノにいちばん近いといえるでしょう。

IMG_9201.jpg
写真4番目は斎藤頴さんの唐桟です。こちらも代替わりしていますね。
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/267-f980a57e