2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

紫紘の袋帯の帯合わせ

第二千六百九十四回目は、紫紘の袋帯の帯合わせです。

今日はフォーマル方向の帯合わせということで付下げに合わせてみます。今回の帯合わせでも小紋のときと同じように、模様の種類や和様の別、色というような属性を共通にすべきか、反対にすべきかということを意識しています。

今回も両者の属性が共通でも反対でもない関係、自然な無関係が作れるでしょうか。

IMG_8836.jpg
いちばん上の写真は藤井絞の更紗の訪問着を合わせてみました。絞りで模様の場を作り、その中に絞りと友禅を併用して更紗模様を描いています。曲線模様どうしで共通性のある帯合わせですが、それほどわざとらしくもなく、まあ許容範囲かというところでしょうか。

IMG_8886.jpg
写真2番目は千切屋治兵衛の玉紬地の付下げを合わせてみました。実際の制作は藤岡さんです。夏の京野菜をテーマにしていて単衣に相応しい付下げです。

帯は夏物ではないですが、重厚感がなく涼しげなので単衣にも対応できそうです。着物の模様は和風というより京都近郊の夏という地域限定ですが、自然な無関係が作れたように思います。

IMG_8883.jpg
写真3番目は千切屋治兵衛の付下げを合わせてみました。実際の制作は西山謙一さんです。西山さんは無線友禅を専門にしています。糸目の輪郭線という制約が無いので純粋な絵画に近く、作品のテーマも自然と写生的なものになる傾向があります。

この作品も雲海から山の頂が頭を出し、日光を浴びて輝いているというもので、着物というより展覧会に出品された日本画のようでもありますね。着物のテーマは和だの洋だのと言ったレベルでは無いので、どんな帯に対しても自然な無関係が成立するように思います。

IMG_8838.jpg
写真4番目は千切屋治兵衛の付下げを合わせてみました。実際の制作は倉部さんです。波兎というテーマは謡曲の「竹生島」に取材したもので、登場人物は船で竹生島に渡るのですが、その途中で見える景色の描写の中に、白い波頭が兎が走っているように見える、というのがあり、それを図像化したものです。

謡曲ですから和風モチーフで帯とは反対ですが、帯の鳥と着物のうさぎで可愛いどうしというテーマで共通の帯合わせです。
スポンサーサイト
[ 2014/04/20 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/257-d10281f8