2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

野口の紗のコート地を実際に着てみたと想定

第二千六百八十八回目は、野口の紗のコート地を実際に着てみたと想定してみます。

先日からの続きで、野口の紗のコート地を実際に着物の上に着てみたらどう見えるのか試してみました。今回は紬です。

pika.jpg
いちばん上の写真は、青戸柚美江の出雲織の着尺に合わせてみたものです。経絣の基本である矢絣かと思いきや「雪おこしピカッと落ちて霰かな」というタイトルを持った作品です。雪で雷というのはすさまじい光景と思ってしまいますが、日本海側では雪の時期の始めごろにある現象だそうです。


IMG_7689.jpg
写真2番目は、水色の方のコート地を上の青戸柚美江の出雲織の着尺に合わせてみたものです。地色は白で、素材は紬、技法は藍染の経緯絣です。今回は単衣に仕立てて着ているという設定ですね。

IMG_7688.jpg
写真3番目は、上の木綿の絵絣を黒地の方のコート地に合わせてみたものです。こうして試してみると、上の写真よりこの写真の方が模様がよく透けていますから、やはり紗の生地というのは、薄い地色よりも濃い地色の方が下の着物が透けるといえます。

稲妻を表す意匠のはずですが、紗を通して間接的に見ると太い竹のように見えます。大きさの比率で、紗で表現された葉がこの太い竹から散利つつある笹の葉に見えててしまうからですね。いっそ刺繍の燕が雀なら良かった、と思えてしまうぐらい都合よく錯覚を起こしてくれています。

hatashou.jpg
写真4番目は、秦荘花織という織物です。もともとの近江上布の産地で現在織られている織物の1つで、夏用の紗で赤と白と黒の格子で紋織も併用しています。

IMG_7682.jpg
写真5番目は、水色の方のコート地を上の秦荘花織に合わせてみました。

IMG_7680.jpg
写真6番目は、上の秦荘花織を黒地の方のコート地に合わせてみたものです。紗の模様は変わらず、ただ格子を背景にしているように見えるということですね。下地になる格子が赤と白と黒という究極の配色であったのが幸運でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/251-ca25e51f