野口の紗の名古屋帯の帯合わせ

第二千六百二十三回目の作品は、昨日に続いて野口の紗の名古屋帯の帯合わせです。

昨日は縞や格子を合わせてみましたが、今日は具象柄の小紋を合わせてみました。帯も着物も模様が具象であれば、模様どうしの意味が矛盾したり重なりすぎたりすることがあります。具象+抽象の組み合わせよりも気を遣うことが多いですね。

IMG_7756.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の絽の付下げ小紋(制作は大和さん)を合わせています。付下げ小紋というのは小紋でありながら裁ち位置の指示があって、仕立て屋さんが指示通り裁つと柄がすべて上を向くという着物です。人物模様のばあいに効果的です、さかさまになると頭に血が上って苦しそうですものね。

この小紋のテーマは楓ですから上を向いても下を向いても良さそうですが、制作者の意図によりすべて上を向くように作られています。楓と言えば秋っぽいですが、季節は先取りという意図か絽の着物にも付けられていることが多いですね。

帯と着物のそれぞれのテーマである朝顔と楓の相性ですが、この2つの植物が1つの絵に描かれていることもあるので良いのでしょう。朝顔が多色で絵画的であるのに対し、楓は無彩色で意匠的ですしね。

IMG_7749.jpg
写真2番目は野口の紗の着尺を合わせています。草間彌生の水玉のように意匠化された薔薇です。薔薇と朝顔の相性はどうかといわれれば悩むところですね。そもそも夏の着物の模様として薔薇はふさわしくないからです。

なぜ薔薇?というところですが、意匠化してあるのでたいていの人には薔薇と分らないと思います。私もかつてこのブログに掲載した時m読者の方に指摘されるまでわからず、草間彌生もどきのデザインに過ぎないと思っていました。薔薇と分らなければ、朝顔と無意味な柄の組み合わせということで、まあそれなりの帯合わせではないでしょうか。

IMG_7758.jpg
写真3番目は野口の絽の着尺を合わせています。小袖に登場するモチーフをそのまま使って飛び柄の小紋にしています。江戸時代の上流階級の正装の模様を写しているわけですから、小紋としてはフォーマル感が強いですね。

野口の得意分野はお洒落なパーティ着ですから、この小紋もそのような用途でつくられているのだと思います。完全なカジュアルではなく、夏のパーティーで訪問着を着るほどでもないとき、観劇やコンサートでも格の高い場ですね。そう考えると、絽や紗の付下げに合わせる紗の袋帯のほうがよいかもしれません。

IMG_7762.jpg
写真4番目は野口の紗の着尺を合わせています。洒脱なタッチで描かれた金魚と波紋です。帯の朝顔は花だけが洒脱なタッチで葉は写生的に描かれています。同じ洒脱タッチ同士とはいえ、着物の金魚と波紋の方が洒脱度が大きいですね。帯合わせとしては、まあ許容範囲かなあという程度。
スポンサーサイト
[ 2014/02/09 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/185-08556ef7