2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

野口(倉部さん)の名古屋帯

第二千六百十六回目の作品は、野口の名古屋帯を紹介します。制作したのは倉部さんです。

刺繍と箔を本業とする倉部さんの作品なので友禅染は使われていません。しかしこの作品は刺繍はないので、倉部さんらしさは箔だけですね。とはいうものの、箔は葉脈などに限定されています。

他のすべて、すなわち葉の本体は胡粉と樹脂系顔料ということでしょう。胡粉や樹脂系顔料は生地がごわっとして絹の自然な風合いがなくなってしまうのが残念です。江戸時代に友禅染が開発された理由は、このごわっとした感じが嫌だったからです。

絹の自然な風合いということにこだわらなければ、土佐派や狩野派の絵師が屏風を描くつもりで小袖にも絵を描いて、等伯や永楽の小袖の名品が現れたでしょうから友禅染の出る幕はなかったと思います。

現在、安物の訪問着や素人が趣味で模様を描いた訪問着で樹脂系顔料のものがあります。私はそういうのを見ると染織史を愚弄しているようで大嫌いですが、機能的に見れば体の動きに追随してしなやかに動かなければならない着物については問題があっても、常に同じ形である帯のお太鼓ならば樹脂系顔料でも良いことになります。

IMG_7235.jpg
いちばん上の写真はお太鼓、

IMG_7240.jpg
写真2番目は腹文、

IMG_7238.jpg
写真3番目はお太鼓の近接で、葉に光が当たっているところを金彩で表現しています。

IMG_7239.jpg
写真4番目はお太鼓の近接で、葉脈の軸の部分ですね。

いちばん上から4番目までの写真を、葉を描いた絵画として眺めてみれば、さすがは倉部さんで圧倒的に上手いですね。こういうのを見せられてしまうと、下手なホンモノの友禅よりよっぽど良いですから、やっぱり芸術に類するものは芸術的であることが大事で、素材はどうでも良いんだなあと思ってしまいます。

IMG_7246.jpg
5番目の写真は、すぐ上の4番目の写真の葉の軸のところを拡大してみました。この作品は縁蓋を使ったようにくっきりした葉の形が美しいので、その中でも特にくっきりした部分を拡大してみました。

塩瀬の生地の組織の上を胡粉あるいは樹脂系顔料が覆っているのが見えます。あまり美しくないですね。大変微細な世界と思えば、葉脈の軸の金彩のくっきりはすごく巧みな縁蓋の技術だと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/02/02 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/178-698464e3