倉部さんが制作した野口の付下げの帯合わせ

第四千百二回目は、倉部さんが制作した野口の付下げの帯合わせです。

今日は染めの帯を合わせてみました。普通の訪問着はたいてい友禅でできており、染めの帯を合わせると雰囲気が重なってしまいますが、倉部さんの作品は刺繍か箔ですから、友禅の帯も合わせることができます。倉部さんの刺繍はコストが高いですから、模様として十分な展開ができません。ですから絵画性の高い友禅の帯を使って、物語性を発展させる方法もあります。

IMG_17463.jpg
いちばん上の写真は、京正の名古屋帯「瑞葉」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。縁蓋を使った精緻な金彩の作品で、倉部さんの作風を大事にして他の要素を付加しない帯合わせです。

IMG_17573.jpg
写真2番目は、大羊居の名古屋帯「象のいる楽園」を合わせてみました。孔雀→インドということで、象もエキゾチックな人物も加えて、インドをベースに物語的に展開してみました。色も、倉部さんの金単色から離れ、ガンガン加えています。

IMG_17553.jpg
写真3番目は、大羊居の名古屋帯「更紗の苑」を合わせてみました。孔雀の周囲の更紗文を展開してみました。主文の孔雀ではなく副文の更紗の方を展開させてみた帯合わせです。

IMG_17533.jpg
写真4番目は、一の橋の名古屋帯「薬玉」を合わせてみました。重厚な友禅ですが、ほぼ中井淳夫さんの下職を使って作られた作品です。着物の模様を展開させないで、器物文様に逃げてみました。

IMG_17583.jpg
写真5番目は、花也の名古屋帯「六角箱寿蔵文」を合わせてみました。これも器物文様に逃げたパターンです。器物模様の帯は、着物の意味から逃げる時に便利です。

IMG_17623.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の塩瀬地の袋帯を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。本歌は乾山の陶筥です。模様を足しつつ色を足さないパターンです。
スポンサーサイト
[ 2018/05/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1743-75aa4644