FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

野口の着尺の帯合わせ

第四千九十五回目は、野口の着尺の帯合わせです。

今回の着尺は、色も絵画性も愛嬌も無い作品です。このような着物に対する帯合わせは、着物に不足している色や絵画性や人間味を帯で補完してやるという考え方と、色や模様がないことを作者の意図と考えて、その意図を大事にして帯でも色も模様も足さないという考え方があります。

IMG_18323.jpg
いちばん上の写真は、秀雅で仕入れた蝋染の名古屋帯を合わせてみました。帯で色と模様を足してみました。かすれたハンドペイントの線で、人間味も補完しました。

IMG_18333.jpg
写真2番目は、秀雅で仕入れた江戸刺繍と堰出しの疋田の名古屋帯を合わせてみました。ちょっと色気のある色と、刺繍で限定された大きさながら絵画性を補完しました。全体は整然と並ぶ菱文で、着物のパターンを踏襲して模様を増やさないようにしてみました。

IMG_18023.jpg
写真3番目は、花也の名古屋帯「石畳と寿蔵文」を合わせてみました。黒地の帯で色を増やさないようにしてみました。石畳文は四角が並び、着物のパターンと共通性がありますから、模様を増やしてないとも言えますね。

IMG_18043.jpg
写真4番目は、花也の名古屋帯「輪繋ぎ」を合わせてみました。着物の黒に対し、帯で色を少し足してみました。模様は着物の四角に対し、丸を足してみました。形は足していますが、単純性という点では踏襲しています。

IMG_18123.jpg
写真5番目は、花也の名古屋帯「槇に流水」を合わせてみました。槇をダンマル描きで描き、金彩と金糸の刺繍を加えたものです。ダンマルと金彩や金泥は意外と相性が良いのです。着物と帯の関係では、帯で絵画性は足していますが、色は帯も単彩主義で、最小限しか足していません。

IMG_18133.jpg
写真6番目は、藤井絞の絞りの名古屋帯を合わせてみました。絞りで意図的に四角という模様を表現しているので辻が花の仲間でしょう。絞りという人間味のある技法を使いながら、色も模様も足していません。

IMG_18153.jpg
写真7番目は、藤井絞の絞りの名古屋帯「うさぎ」を合わせてみました。絞りで意図的に具象的な模様を表現しているので辻が花の仲間です。かわいさを足してみました。

IMG_18173.jpg
写真8番目は、藤井絞の絞りの名古屋帯を合わせてみました。絞りによる幾何学模様ですが、鋭角や直線という絞りにとっては難度の高い技法を使っています。
スポンサーサイト
[ 2018/05/03 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1736-1f20d69d