FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

野口の着尺

第四千九十四回目は、野口の着尺を紹介します。

テレビで放送できないところを隠すモザイク処理みたいない意匠です。

IMG_05223.jpg
いちばん上の写真は、反物の幅を写真の幅として撮ったものです。色の濃淡でグラフィックデザインのような意匠にした作品です。

IMG_05244.jpg
写真2番目は近接です。

IMG_05243.jpg
写真3番目はもっと近接です。

IMG_31053.jpg
写真4番目は、地紋がよくわかるように、斜めから撮ってみました。方形が並んでいるように見える染の意匠ですが、地紋もまた方形が浮いて見えるパターンで、織りと染めが連携して1つの作品になっているという企画なのです。野口らしいアイディアだと思います。

またかなり凹凸のある地紋なので、実際以上に地厚に感じます。そのため、チラッと見ると天鵞絨のコート地のようにも見えるんですね。それを利用してコートにするのも良いと思います。

IMG_31033.jpg
写真5番目は、花也の付下げ「霞に千鳥」を、地紋がよくわかるように、斜めから撮ってみました。先日紹介した花也の付下げです。よく見ると地紋が同じです。じつはこの数年、花也の付下げと野口の着尺は同じ生地を使っていました。この生地は世界最高品質といわれるブラタクの糸を使ったものです。ほとんどエルメスが使っていて、残り少しを日本の着物が使っています。

戦前の日本は、朝鮮拓殖組合、満州拓殖組合などを作っていたわけですが、日系人のおかげで戦後もブラジル拓殖組合だけは残ったのです。それがブラタク製糸で、今も日系人が社長をしています。

ところで、ブログを遡ってこの花也の記事を見ると、リンクがずれて関係のない写真が載っています。私も気になっているのですが、これまでアップロードし写真は膨大ですし、直すのは諦めています。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1735-3e3ec792