野口の着尺「紅葉に光琳水」の帯合わせ

第四千八十八回目は、野口の着尺「紅葉に光琳水」の帯合わせです。

今日は織りの帯を合わせてみました。

IMG_19072.jpg
いちばん上の写真は、龍村の光波帯「獅噛太子」を合わせてみました。染の着尺にも便利な龍村の仕立て上がり帯です。太子間道に取材したもので、本歌は絣ですが経絣で再現しています。模様のパターンを獅子の顔に見立ててこのようなタイトルにしています。水色が綺麗ですし、模様がモダンな幾何学模様にも見えるので、シリーズ中いちばん使いやすいのでは無いかと思っています。

IMG_19112.jpg
写真2番目は、龍村の光波帯「日野間道」を合わせてみました。本歌は東京国立博物館にあり間道というより段文です。平蔵ブランドで高価な手織りの袋帯とリーズナブルな機械織りの名古屋帯とがあって、これはその安い方です。

IMG_19122.jpg
写真3番目は、龍村の光波帯「スウェーデン菱文」を合わせてみました。このシリーズは正倉院裂や名物裂だけでなく、海外のデザインも採用されています。私も本歌は何かわかりませんが。

IMG_19172.jpg
写真4番目は、龍村の光波帯「遠州七宝文」を合わせてみました。本歌は遠州緞子です。意匠登録のため名前を変えているんでしょうね、すでに一般に定着した名前では登録できませんから。

IMG_18512.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍文」を合わせてみました。これは仕立てて出来上がる九寸のシリーズです。これは織物ですが、タイトルで分かる通り本歌は刺繍です。パターン化されない模様が自由に繍っていく刺繍の特長ですね。ジャカードが発明された後は、どんなデザインでも織で表現できるようになりましたが、近世以前の作品は、織りにふさわしいデザイン、刺繍にふさわしいデザイン、というのがあったわけです。

IMG_07952.jpg
写真6番目は、龍村の名古屋帯「騎映」を合わせてみました。まだ紹介していない帯で、そのうちおおちゃんとお見せしたいと思っています。いまのところ白井進さんのネーミングがお洒落過ぎて本歌がわかりません。「ギリシア陶片文」とか「中世写本文」とか言ってくれるとわかりやすいんですけどね。
スポンサーサイト
[ 2018/04/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1729-a7646d6b