FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

都の絽綴の名古屋帯の帯合わせ

第四千四十七回目は、都の絽綴の名古屋帯の帯合わせです。

昨日は付下げを合わせましたが、今日は染めの着尺を合わせてみます。今日も2点の絽綴の帯合わせを同時にしてみます。古典模様の帯とモダン模様の帯は差が出るでしょうか。

IMG_83802.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の絽の着尺を合わせてみました。無彩色の単色の地に線表現の楓の小紋です。楓は重なっていますが、着物として仕立てたばあいどの場所でも楓の向きが上に向くようになっています。指定された場所で裁てばそうなるように模様が付けられているわけですが、では肩山はどうなっているのか、じつは余白を作らないように気がつかないうちに模様の向きが変わっているんですね。千治さんともなれば、昔はこのぐらいの技を使う図案家を普通に抱えていたということですね。

IMG_93202.jpg
写真2番目は、広瀬雄望の江戸小紋の着尺を合わせてみました。絽の生地を使っています。波に千鳥というテーマ、海にちなんで夏物にふさわしいというところでしょう。

IMG_93272.jpg
写真3番目は、野口の立絽の着尺を合わせてみました。もともと小袖の意匠で、本来であれば訪問着にふさわしいものですが、型染用のパターンにアレンジして小紋にしています。このような作り方は千總に多いですね。着る場としては、訪問着で行くか小紋で行くか迷うようなときに良いですね

IMG_92862.jpg
写真4番目は、野口の紗の着尺を合わせてみました。渦巻と金魚を洒脱なタッチで描いた小紋です。このような着物に対しては、古典模様の帯でない方が良いと思います。

IMG_92972.jpg
写真5番目は、野口の紗の着尺を合わせてみました。わかりにくいですがテーマは薔薇です。草間彌生かと思ってしまいます。これも古典模様の帯は避けました。

IMG_93032.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の絽の着尺を合わせてみました。疋田繋ぎという模様で、本来なら面的に使用する型疋田を線的に使用する意匠です。帯と着物が縦と横でぶつかる形になりますが、どうでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2018/03/16 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1686-6ba4bb26