紫紘の袋帯「琳派楓」の帯合わせ

第四千三十四回目は、紫紘の袋帯「琳派楓」の帯合わせです。

今日は紬を合わせてみました。紬の技法のうちもっとも難度が高いのは絣で、特に絵画的な絣ができる産地や個人は意外に少なく、小千谷や久留米など数か所しかありません。他の産地や個人の作家はたいてい縞か格子か、絣としても幾何絣がほとんどです。帯合わせで難しいのは具象画どうしでの意味合わせですから、紬を合わせるのはけっこう楽なのです。

IMG_91952.jpg
いちばん上の写真は、牛首紬の無地を合わせてみました。楓の色の赤、黄、緑に合わせた着物を選んでみました。赤代表として、実際に着られる程度の錆朱です。

IMG_92232.jpg
写真5番目は、山下八百子さんの黄八丈を合わせてみました。黄色代表です。

IMG_92002.jpg
写真2番目は、秋山真和の綾の手紬を合わせてみました。緑代表です。クリスマスみたいな緑と赤の絣です。

IMG_92172.jpg
写真4番目は、新田機業の紅花紬を合わせてみました。紅花はオレンジ色の花ですが、染料として抽出できる黄色い染料と赤い染料に藍を加えると三原色がつくれます。それで自由に色がつくれるわけですね。そうして作ったグラデーションのある縞です。

IMG_70102.jpg
写真5番目は、久米島紬を合わせてみました。細かい格子です。

IMG_91962.jpg
写真4番目は、おそらく十日町の紬を合わせてみました。高梨のはんぱ市で安く買った掘り出し物です。最近は本当に掘り出し物が見つかるセールというのは少なくなりましたが、高梨のはんぱ市は、せこい小売屋にとっての最後の牙城ではないかと思います。良いものをちゃんと買うことは誰でもできますが、掘り出し物は着物がわかってないとかえませんものね。売値は1万円で。
スポンサーサイト
[ 2018/03/03 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1673-42c61002