2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

一の橋の付下げ「玉子地金彩流水雲錦」の帯合わせ

第二千六百五回目の作品も、一の橋の付下げ「玉子地金彩流水雲錦」の帯合わせです。

お洒落といわれる着物の中に、色を極力排した、無彩色と金銀だけのような作品群がありますね。かつての北秀には、そういう着物が普通にありましたし、地域で分ければ関東の好みということになるのでしょうか。

倉部さんには、そのような系統の作品が多いですが、この作品もその1点ですね。帯合わせについては、やはり着物の世界観を壊さないように、金銀を主体に色数を抑えたもので合わせるのが普通でしょう。

昨日の帯合わせの最後に試した桜と楓の織悦の帯合わせは、鮮やかな配色を合わせて、思い切ってそのその世界観を壊してみました。しかし不安だったので、桜と楓というモチーフを共通にしておいたのです。今日は、モチーフで小細工せず、堂々と濃厚な色彩の帯を合わせ、着物の世界観を壊してみたいと思います。


IMG_7510.jpg
いちばん上の写真は龍村の袋帯で、タイトルは「鏡花春秋文」です。鏡裏文ですね。龍村といえば、大彦や大羊居と合わせることが多いブランドで、濃厚な色彩派の代表です。

IMG_7509.jpg
写真2番目は、河合康幸(河合美術の弟だそうです)の袋帯です。唐織は、糸が浮いてボタッとした雰囲気があります。余分な贅肉が全くない雰囲気の着物に対し、温かみのあるボタッとした帯を合わせてみたわけですがいかがでしょうか。

IMG_7504.jpg
写真3番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。「帯屋捨松」のロゴのある標準品ではなく、昔の手織の高級バージョンです。意匠は、近世の唐織の能衣装に取材したものです。

IMG_7506.jpg
写真4番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。これも「帯屋捨松」のロゴのない手織の高級バージョンです。タイトルは「ヴィクトリア花文」ということで、エキゾチックなテーマであり、色の系統でもモチーフの背景でも、着物の持つ世界観をぶち壊すものですね。

今回、なるべく着物の良さを生かさないように帯合わせをしてみましたが、着物の世界観は思ったほど崩れていなくて、世間ではその程度の帯合わせはありがちだ、思わせるようなものばかりです。帯合わせで、本当の失敗というのはなかなかできないものですね。
スポンサーサイト
[ 2014/01/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/167-616995a9