錦工芸の九寸の名古屋帯「インカ鳥波」

第三千八百三十二回目の作品として、錦工芸の九寸の名古屋帯「インカ鳥波」を紹介します。

インカの文様を意匠化した九寸の名古屋帯です。私はこの文様の本歌を正確には知りませんが、インカ文様だなあと思わせる意匠です。ただ、素人が考えるインカ風の文様はプレインカの文様であるばあいが多いですね。アンデス文明の歴史は長いですが、インカ帝国が存在した期間は長くないので、インカの文様だと思われていたものは、それ以前のチャビンとかチャンカイであることが多く、それらも最初からわかっているわけではなく、発掘の進展によって徐々に分かってくるものなので、プレインカとひとまとめに言います。

IMG_10752.jpg
いちばん上の写真はお太鼓です。抽象化した鳥の文様と、波などの自然現象から生み出された幾何学文様の組み合わせです。鳥の抽象化も巧みですし、波も日本の波頭文様をさらにパターン化したみたいで巧みだと思います。あと2つの幾何学文様もおそらく自然現象を抽象化したものではないでしょうか。このような民族的な文様はユングの言う「象徴」のようなもので、いくら天才でも個人ではかないません。

IMG_10812.jpg
写真2番目は腹文です。お太鼓の意匠からメインである鳥文様を除外して周辺文様だけで構成しています。これこそお太鼓と腹文の関係の基本ですね。

IMG_10852.jpg
写真3番目は、お太鼓の裏側です。渡り糸が有るので、模様は全て絵緯糸で表現されていることが分かります。唐織が本業の錦工芸らしいです。先日紹介した「雪の結晶」と「南天」と比較してみると、「雪の結晶」と「南天」は絵緯糸が帯の耳まで通っていませんが、この帯は耳までつながっています。これは横につながる意匠か1つに固まる意匠かの違いです。

IMG_10772.jpg
写真4番目は、お太鼓の近接です。メインの鳥文様に近接してみました。

IMG_10892.jpg
写真5番目はもっと近接です。鳥文様部分です。留め糸は地色と同じ白であるため模様に色の濁りがなくクリアな印象です。

「雪の結晶」や「南天」と比較してみると、結晶や南天は糸がふっくらとして留め糸が少ないので、模様が立体的であり唐織のイメージに近いです。一方、この作品はそれほど糸にふっくら感が無く留め糸も多いので、模様がやや平面的であり唐織のイメージが少ないです。エキゾチックなモチーフなので唐織っぽさを避けたのでしょうか。

唐織と言われるものも、そう言われない西陣の帯も、どちらも絵緯糸で模様表現をしていることは同じですが、こうして見ると違いがなんとなく分かってきますね。

IMG_10862.jpg
写真6番目はもっと近接です。幾何学模様部分です。
スポンサーサイト
[ 2017/08/10 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(2)

チャンカイ

鳥模様というと、インカというよりチャンカイを思い浮かべますよね。
チャンカイの模様は独特ですし、鳥のモチーフ多いです。

波の模様は絨毯好きには running dogという、主にトライバルラグ(今流行りのギャベではないです)
のボーダーに使われる連続模様を思い起こさせます。
この「走る犬」模様はイスラム教以前、ゾロアスター教の時に犬が神聖なものであり
また絨毯を必需品(本当に床代わり、壁代わりに今も使われています)とした遊牧民にとって
犬も重要な役割を果たす貴重な動物だった故と、工芸研究者の三杉隆敏氏なども書かれていますし
確かに比較的絨毯(特に古いトライバルラグ)を多く見ていると、あの「波」の模様は
犬に見えてしまいます・・・・・でも犬に見える方がおかしいですよね?普通波に見えると思います。

でも面白いので、お暇な時にでも carpet running dog で画像検索掛けてみてください。
[ 2017/08/11 11:05 ] [ 編集 ]

走る犬見てみました

carpet running dogで検索したら、「走る犬の連続模様」をすぐ見ることができました。おっしゃるとおり今回の帯の波模様の部分にそっくりですね。日本人からすれば、波頭の模様あるいは北斎の神奈川沖波裏を抽象化したように見えてしまいます。遊牧民は海を見ないから犬と思えたんでしょうか。
今回いろいろな関連する言葉で検索をしてみてギャベが流行っているのがわかりました。それだけでなくアンティークの手織り絨毯は、今は世界的に投資対象になっているのでしょうか。普遍的な美しさがあるし、耐用年数も数百年あるから十分投資の対象になりますね。
今度の帯の意匠については、私もチャンカイだと思います。タイトルについては模倣者を罠にかけるためにわざと間違えているのかもしれません。模倣者は「真似したのではなく偶然同じインカ模様に取材しただけ」と言い訳するでしょうから。本当に原典を写したなら「チャンカイ」というはずだとわかるわけです。
[ 2017/08/12 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1467-fa6a51ed