2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

錦工芸の九寸の名古屋帯「雪文様」の帯合わせ

第三千八百二十一回目は、錦工芸の九寸の名古屋帯「雪文様」の帯合わせです。

今日は付下げを合わせてみました。

IMG_14212.jpg
いちばん上の写真は、一の橋の付下げ「花兎・波兎」を合わせてみました。実際に制作したのは安田さんです。花兎は名物裂の「角倉金襴」に由来する文様で、波兎は謡曲の「竹生島」に由来する文様です。由来は違っても、江戸時代から現代まで家紋にも小袖にも陶磁器にも建築装飾にも同じように登場します。兎というのは、雪にも波にも花にも木賊にもよく合うんですね。

この作品では、兎の首が不自然に長いですが、これは実際の兎ではなく江戸時代の小袖にある花兎の意匠を踏襲しているからです。

IMG_14242.jpg
写真2番目は、一の橋の付下げ「蹴鞠と柳」を合わせてみました。蹴鞠という王朝的なモチーフを扱っていますが、全体に大きいながら小細工の無い意匠も、風にのんびりそよぐ柳もおおらかで王朝的な雰囲気で統一されています。あるいはやまと絵的というべきでしょうか。、

IMG_14302.jpg
写真3番目は、一の橋の付下げ「柳」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。上の例で柳を合わせたので、ついでにもう1回柳を登場させてみました。

IMG_14272.jpg
写真4番目は、花也の付下げ「一方付け羊歯文」を合わせてみました。もともと一方付けの羊歯の地紋のある生地で、指定された位置で裁つと地紋が意味のあるつながり方をして、無地ながら訪問着のようなるというものでした。その羊歯の地紋の一部を友禅の技法で防染して白抜きにし、さらに一部に刺繍を加え、本格的な付下げ(あるいは訪問着)にしたものです。

直線的にまっすぐ上に伸びていく模様と雪の結晶を組合わせると、木の梢のさらに高い空から雪が降ってくる情景のように見えますね。

IMG_29792.jpg
写真5番目は、花也の付下げ「竹林」合わせてみました。上の例と同じ、直線的にまっすぐ上に伸びていく模様と雪の結晶の組合わせを試してみました。竹林のさらに高い空から雪が降ってくる情景のように見えませんか。

IMG_14322.jpg
写真6番目は、一の橋の付下げ「切霞割付け暈し」を合わせてみました。上の例とは反対に水平方向の模様を合わせてみました。霞は便利な模様ですね。雪も霞も気象現象でもありますし。
スポンサーサイト
[ 2017/07/29 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1455-3e4e0c9e