一の橋の付け下げ「紅葉流水」の帯合わせ

第三千八百九回目は、一の橋の付け下げ「紅葉流水」の帯合わせです。

今日は染め帯を合わせてみました。

IMG_75252.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の染めの名古屋帯「色紙重ね」を合わせてみました。実際に制作したのは藤岡さんです。

IMG_75262.jpg
写真2番目は、花也の染めの名古屋帯「硯に羊歯文」を合わせてみました。糊糸目の線描きを多用して羊歯文を描いています。硯に羊歯文が描いてあるとも言えますし、硯を取り方にして羊歯文を描いてあるとも言えますね。

IMG_75292.jpg
写真3番目は、一の橋の染めの名古屋帯「くす玉」を合わせてみました。

IMG_75272.jpg
写真4番目は、花也の染めの名古屋帯「琳派流水文」を合わせてみました。霞の中に波があり、その中に色紙があり、その中に琳派の流れの風景があるという全体が入れ子構造になった意匠です。流水には楓も散っていますが、その流れが着物全体に広がっていくような帯合わせにしてみました。

IMG_75312.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の染めの名古屋帯「斜線に玉」を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。

IMG_75322.jpg
写真6番目は、一の橋の染めの名古屋帯「毘沙門亀甲文」を合わせてみました。「毘沙門亀甲」というのは、毘沙門天が着ている鎧のパターンです。
スポンサーサイト
[ 2017/07/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1443-3c20c931