都織物(385)のすくいの八寸の名古屋帯「気」の帯合わせ

第三千七百九十八回目は、都織物(385)のすくいの八寸の名古屋帯「気」の帯合わせです。

昨日、すくいと綴の違いを書きましたが、実際の呉服屋さんは、実務上どのように区分しているでしょうか。じつは私もそうなのですが、簡単で確実そして少しがっかりな方法です。それは綴の織屋として知られている人が織ったものは綴、すくいの織屋として知られている人が織ったものはすくいということです。

たとえば綴の人間国宝である細見華岳が織ったものは綴、爪掻綴の組合員であることを示す紫のラベルの貼ってある清原織物が織ったものは綴、「河村つづれ」や「栄昌つづれ」の商標を持つ河村織物が織ったものは綴、「まことのすくい」の商標を持つまこと織物が織ったものはすくいです。

IMG_13282.jpg
いちばん上の写真は、かつての重要無形文化財の要件を満たしていた結城紬を合わせてみました。八十亀甲の総柄です。

IMG_13302.jpg
写真2番目は、郡上紬を合わせてみました。糸は手紡ぎ、糸染は草木染、織りは手織り、という紬マニアがホンモノと認める条件を揃えた紬です。それでいてデザインは意外と都会的なのがいいですね。

IMG_13312.jpg
写真3番目は、林宗平の塩沢紬を合わせてみました。生前は「古代紬」とネーミングしていました。有栖川龍文をテーマにしていますが、帯が龍の吐いた気のように見えるというつもり。

IMG_13382.jpg
写真4番目は、白鷹紬を合わせてみました。白鷹は経産省の伝産マークの区分では「置賜郡の紬」に属します。塩沢と同じで、お召と紬とがあります。紬は手織り・手紡ぎです。

IMG_13262.jpg
写真5番目は、松枝玉記さんの久留米絣を合わせてみました。松枝玉記作品集「藍生」に載っている作品です。

IMG_13172.jpg
写真6番目は、齋藤光司さんの舘山唐桟を合わせてみました。木綿の縞にも使えます。
スポンサーサイト
[ 2017/07/06 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1432-89c4939d