東京友禅と刺繍の名古屋帯「御所解模様」の帯合わせ

第三千七百九十五回目は、東京友禅と刺繍の名古屋帯「御所解模様」の帯合わせです。

今日はフォーマル方向の帯合わせとして、付下げを合わせてみます。付下げや訪問着には御所解のような意匠も多いですから、模様が重ならないようにすることが大事です。

IMG_08952.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の付下げ「薫炉」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。帯の模様が絵画的ですから、着物は絵画的なものを避けて刺繍だけの作品にしてみました。刺繍も花模様にすると帯と重なってしまうので、器物模様にしました。

IMG_08972.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の付下げ「八重葎」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。八重葎というのは華やかなところが無く、着物の模様にはふさわしくないように思いますが、それでも選ばれたのは、源氏物語の帚木の雨の夜の品定めに登場するからだと思います。

寂れた家の門に絡みつくような植物ですが、その蔓をシンプルな意匠にしています。

IMG_09082.jpg
写真3番目は、野口の付下げを合わせてみました。四角い取り方を並べたためにモダンな雰囲気がある意匠です。中の模様は唐華文ですが、国籍不明の模様で、全体に意味不明なところがメリットじゃないかと思います。現に帯合わせができているわけですし。

IMG_09092.jpg
写真4番目は、野口の付下げを合わせてみました。無線友禅による牡丹です。昭和初期のデカダン的な雰囲気があります。

IMG_09132.jpg
写真5番目は、花也の付下げを合わせてみました。市松取りに見える地紋を利用した意匠です。織りである着物の地紋と、染である着物の加工を連携させた例です。模様部分はダンマル描きをした上に金加工しています。

よく見ると立った地紋の上に模様が描いてあり、無地的な地紋の上は無地にしています。逆のように思いますが、立った地紋の上に模様を載せることで絵が立体に見えるというわけです。

IMG_09142.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の付下げ「大楓」を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。帯は細密な白揚げ友禅と刺繍ですから、着物はその反対の大きくてシンプルな意匠にしてみました。
スポンサーサイト
[ 2017/07/03 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1429-4f6a0047