東京友禅と刺繍の名古屋帯「御所解模様」の帯合わせ

第三千七百九十四回目は、東京友禅と刺繍の名古屋帯「御所解模様」の帯合わせです。

今日は染めの着尺を合わせてみます。染の着尺には、御所解模様のパターンを型染したものもあります。千總の小紋のイメージですね。そういう着物は絶対に合わせられないわけですが、そうでなくても染めの着尺は色もありますし、絵画的なものが多いです。どの辺まで合わせることが可能か、今日はそんなテーマで帯合わせをしてみます。

IMG_08812.jpg
いちばん上の写真は、藤井絞の飛び柄の絞の着尺を合わせてみました。飛び柄の着尺は帯合わせしやすいものですが、それは余白が多く模様どうしが接しないからでしょう。御所解の帯は菊が多いですが、これは小袖以来の様式を踏襲しているだけで季節を表しているわけではありません。梅の着尺を合わせて早春に着ても良いわけです。

IMG_08882.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の飛び柄の着尺を合わせてみました。実際の制作したのは大和さんで、技法は糸目型(手挿し)です。一見地味な宝尽し模様の飛び柄の着尺です。模様は小さいながら手挿しであるため、存在感があって、重い帯に対してそれほどバランスが悪くありません。

IMG_08912.jpg
写真3番目は、野口の着尺を合わせてみました。鮫小紋柄と宝尽くしを市松取りに配した着尺です。単彩でも個性がある意匠なので、今回のような重い帯は相性が良いと思います。

IMG_08902.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の市松取りの着尺を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。紬地で単色の笹の模様です。紬地+単彩+花の無い植物文というわけで地味なイメージですが、大胆イメージの市松取りということで、けっこう存在感のある着物になっています。上の例と合わせt考えると、単彩で存在感がある、というのがベストな条件のように思います。

IMG_08922.jpg
写真5番目は、野口の着尺を合わせてみました。横段模様です。仕立て方で横段風にも市松風にもなります。模様部分は干菓子で、模様の境目は暈しです。きわめて個性があって、いつでも主役のような着尺ですから、帯合わせについては悩むところです。私はこういう時は、重い帯を合わせ力で押さえつける感じを考えますね。

IMG_08932.jpg
写真6番目は、野口の着尺を合わせてみました。横段模様です。仕立て方で横段風にも市松風にもなります。上と同じ野口の得意な横段ですが、こちらは模様部分は慶長小袖の豪華な刺繍を型染にしたものです。模様の境目は暈しになっていますが、上の例では模様が地の暈しに関係なくはみ出してもいますが、この例では模様がぼかしの線で終わっています。細かいことですが、それだけで大きく雰囲気が変わり、着物を作るときはこういうことが成功と失敗を分けたりします。
スポンサーサイト
[ 2017/07/02 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1428-d46a2a17