金谷の八寸の名古屋帯「市松」の帯合わせ

第三千七百八十四回目は、金谷の八寸の名古屋帯「市松」の帯合わせです。

昨日は、帯に絵画性が無いことから着物で絵画性を補うという発想で帯合わせをしました。今日は、帯に絵画性が無いのは作者の意図と解釈し、その意図を貫徹させてあげるため、着物も無地と縞と格子にして、全身無地系にしてみました。無地系という言葉を呉服業界に認知させたのは森田空美さんということが有名になりすぎて、無地っぽいコーディネートをしていると森田空美風と言われますよね。

私は無地系の良いところは、とりあえず着ている人を頭が良さそうに見せるところだと思います。悪いところは、失敗ということが無いので誰でも真似できてしまい、またかと思われるところですね。

IMG_11882.jpg
いちばん上の写真は、齋藤頴さんの館山唐桟を合わせてみました。白黒の帯に、さらに無彩色のグレーの縞を合わせて、模様だけでなく色さえ無くして無地系を貫徹してみました。

IMG_11892.jpg
写真2番目は、林宗平の塩沢紬の藍の縞を合わせてみました。白黒の帯に紺色の着物の組み合わせです。

IMG_12012.jpg
写真3番目は、牛首紬の無地を合わせてみました。グレーの無地の牛首ですが、グレーの色にちょっと甘みがあって、それが微妙な色気になっています。無地系の持つ知的なイメージを維持しつつ女性的な色気も出そうと思うと、色の微妙な部分で勝負することになるんじゃないんでしょうか。

IMG_12002.jpg
写真4番目は、久米島紬の細かい格子を合わせてみました。泥染の微妙に焦げ茶味のある黒に細かい格子です。

IMG_11922.jpg
写真5番目は、白鷹紬を合わせてみました。白鷹町を産地とする織物で、経産省の伝産マークの区分では「置賜郡の紬」に含まれます。塩沢にお召である本塩沢と真綿である塩沢紬があるように、白鷹町には白鷹お召と白鷹紬があります。これは手紡ぎ真綿糸を使った手織りの紬です。

IMG_11942.jpg
写真6番目は、久米島紬の縞を合わせてみました。今日でいちばん上手な帯合わせになりました。そう思いませんか。
スポンサーサイト
[ 2017/06/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1418-01f703d7