2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

金谷の八寸の名古屋帯「市松」の帯合わせ

第三千七百八十三回目は、金谷の八寸の名古屋帯「市松」の帯合わせです。

今回の帯は市松模様だけで絵画的な要素が無いですから、絵画的な絣を合わせることでバランスを取るのが良いと思います。しかしながら、模様のない帯を織った人は、模様が無いことが美しいと思ったのかもしれませんから、着物も模様のないものを合わせて、帯を織った人の意図を貫徹させてあげても良いです。

IMG_11842.jpg
いちばん上の写真は、重要無形文化財の結城紬を合わせてみました。百亀甲の総柄です。

IMG_11732.jpg
写真2番目は、六条雪山紬(本当は塩沢紬)を合わせてみました。先日、悪い例として使った六条雪山紬を普通に使ってみました。

IMG_11782.jpg
写真3番目は、弓浜絣を合わせてみました。弓浜絣は民芸的な雰囲気が特長ですから、物語性のあるデザインが好きです。

IMG_11812.jpg
写真4番目は、弓浜絣を合わせてみました。普通の木綿の絵絣は紺地ですが、これは色を反転させたもので、グレー地で模様が紺です。帯が黒白の無彩色ですから、着物をグレー地にすることで、無彩色モノトーンをつくって、色だけは無地系着物の思想を取り入れてみました。

IMG_11852.jpg
写真5番目は、林宗平の塩沢紬を合わせてみました。現在は息子さんの代ですが、林宗平さんの時代は「古代紬」というブランドでした。有栖川龍文を並べたもので、しつこいぐらい模様が有りますが、帯は模様が無くバランスが良いのではないでしょうか。

IMG_11902.jpg
写真6番目は、ジャワ更紗の着尺を合わせてみました。かつてインドネシアとの貿易不均衡を是正するため日商岩井が企画したチャンチンによる紬の着物です。日本から紬の白生地を輸出し、現地でチャンチンを使う作家が加工し日本に輸入したものです。こんなことで貿易不均衡が解消するとは思いませんが、何か努力しようとする態度を示す必要があったのでしょう。
スポンサーサイト
[ 2017/06/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1417-e19472ee