2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

金谷の八寸の名古屋帯「捻じり梅」の帯合わせ

第三千七百八十一回目は、金谷の八寸の名古屋帯「捻じり梅」の帯合わせです。

昨日は、帯の意匠が具象ということで着物は具象を避けましたが、今日はあえて模様を重ねてみようと思います。

IMG_11722.jpg
いちばん上の写真は、「六条雪山紬」を合わせてみました。いくらなんでもこれはないだろうという帯合わせをしてみました。梅まつりに「梅の女王」として招待されたときの帯合わせに良いと思います。「六条雪山紬」の正体は塩沢紬です。「六条雪山紬」は高峰秀子と松山善三のコンビで制作された映画のタイトルです。塩沢紬の織元をモデルにした映画で、当時、ホンモノの塩沢の織元が凝らば商品を制作したようです。

映画のコラボというとミーハーなイメージですが、真綿で手織りのとても良い紬です。意匠的には女優さんの色香が感じられるものなので、意識して作ったんでしょうね。

IMG_11982.jpg
写真2番目は、弓浜絣を合わせてみました。弓浜絣は、山陰の絵絣の伝統的な産地ですが、布団地のような厚手で、絣は緯絣だけの平明な表現ですが、その代わり絵画性が高いです。ようするに民芸のイメージを絵にかいたようなものですね。

IMG_11992.jpg
写真3番目は、小川内龍夫さんの久留米絣を合わせてみました。重要無形文化財の要件を満たす久留米絣です。経緯の絣ですが、経緯絣の部分が真っ白になるのに対し、緯絣部分が地色との中間色になるのを利用して、色に濃淡のある奥行きのある表現にしたものです。細密な表現をするため糸は細く、薄手でさらっとしています。このようなものは民芸というより伝統工芸展に入選するためのコンペティション的ですね。

絣の模様が幾何学模様的なので、模様が重なる感じはないかなと。

IMG_11802.jpg
写真4番目は、「木曽紬」を合わせてみました。昔の仕入れでたまたま在庫としてあるものです。伝産マークのある信州紬には木曽紬というのは無いので、十日町のものなんじゃないかと思います。真綿で手織りの良い紬なんですけどね。

IMG_11672.jpg
写真5番目は、大城広四郎の琉球絣を合わせてみました。南風原の工房です。

IMG_11752.jpg
写真6番目は、塩沢紬を合わせてみました。経緯絣の真綿の紬です。緑色と紺色の組み合わせが面白いので選んでみました。
スポンサーサイト
[ 2017/06/19 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1415-087f0b12