2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

秋山真和の浮織の八寸名古屋帯

第二千四百五十三回目の作品として、秋山真和の浮織の八寸名古屋帯を紹介します。

かつての首里工房で織られたものです。浮織の八寸の名古屋帯は、読谷や首里で織られており、本来はとても珍しいものでしたが、沖縄モノブーム以来、作家も増え、ネットショップで気軽に買えるようになりました。

浮織や花織は、立体的な織物なので、初めて見る方は「これこそ沖縄の珍しい織物だ!」と感激するのですが、ネットショップで普通に売られているとありがたみも減じてしまいます。そういう方は、配色に着目して下さい。浮織や花織は、織物組織の特殊性よりも、作家のセンスによる配色の方が重要です。

花織やロートン織は、地の糸が変化して紋織になるので、紋織部分の色は必ず地色と関係があります。作家は、その特性を利用してグラデーションをつくります。すなわち、経糸と緯糸の色が違う場合、地の部分の色はその平均値になりますが、経糸または緯糸だけを浮かせて紋織とすれば、その部分だけは単独の色が見えることになります。その単独の色と平均値の色との間にグラデーションが生じるというわけです。

その配色をうまく設計してきれいなグラデーションをつくることができるのが、上手い作家というわけです。

一方、浮織は、地の糸とは別の糸を織り込んで紋織をつくります。そのため、紋織部分には裏に渡り糸があります。このばあい、地の色と織り込む糸の色との関係は、作家が自由に決定できます。グラデーションの美しさを追求しても良いですが、補色のくっきりした美しさを表現することの方が多いですね。

IMG_4807.jpg
IMG_4810.jpg
IMG_4812.jpg
いちばん上の写真はお太鼓、写真2番目はその近接、写真3番目は裏です。3番目の写真を見ると、裏に渡り糸があるので、浮織だとわかります。さらにいちばん上の写真と2番目の写真を見ると、作家が自由に色を選択できるという浮織の特性を十二分に生かして、補色をメインにしつつ、グラデーションに見える色の糸も配して、両方の良いところを取ろうとしていることがわかります。

IMG_4816.jpg
IMG_4821.jpg
IMG_4820.jpg
写真4番目は、紋織部分を拡大したものです。この部分はグラデーションを意識した演出をしています。写真5番目は、浮織の一部(白い糸)と地の糸を撮ったものですが、浮織は地色の黄色とはくっきりの関係ですね。また、地の経糸が多色の糸で構成されていることがわかります。写真6番目は、全く模様のない地の部分ですが、この部分も経糸が多色です。普通の沖縄の花織、浮織あるいはロートンは、地の糸と紋織の糸との関係で演出するものですが、ここでは直接関係ないはずの地の経糸に仕掛けをしているのです。

それが、作品全体にどういう演出効果をもたらしているかは、見る人が決めることですが、そういう仕掛けをすることが、いかにも作家モノですね。
スポンサーサイト
[ 2013/08/20 ] 各地の絣・紬 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/14-23ab8fbb