2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

博多の8寸の帯

第三千七百六十回目の作品として、博多の8寸の帯を紹介します。

昨日まで紹介した博多織の二口織物は8寸の麻の名古屋帯も織っています。今日紹介するのは献上あるいは独鈷という伝統柄ではなく、唐草模様などの柄物です。

IMG_52502.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。沖縄の絣や花織に使われる模様単位を使ったものです。

IMG_52512.jpg
写真2番目は近接です。模様部分と模様のない紗の部分からなっています。

IMG_52452.jpg
写真3番目は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。波のようなパターンです。

IMG_52462.jpg
写真4番目は近接です。経糸は通常で、緯糸が波形になっています。シンプルな意匠にも思いますが、このような形に緯糸を入れるのはどうやるのかなあと考えてしまいます。

IMG_52362.jpg
写真5番目は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。縞更紗を思わせるような意匠です。

IMG_52382.jpg
写真6番目は近接です。昨日まで紹介した4寸の帯の唐草と同じ意匠かと思いましたが、よく見ると違います。同じ曲線の植物文でも、4寸のものは基本の唐草パターンでしたが、こちらは更紗のように見えます。更紗模様が縦にグラデーションになっているのは、模様を経糸で織り出しているからです。

IMG_52472.jpg
写真7番目は、帯の幅を写真の幅として撮ったものです。

スポンサーサイト
[ 2017/05/29 ] カジュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1394-86d23cec