博多の4寸の帯の帯合わせ

第三千七百五十九回目は、博多の4寸の帯の帯合わせです。

IMG_07042.jpg
いちばん上の写真は、ちょっと珍しい茶色の格子の小千谷縮を合わせてみました。帯が模様部分の地が茶色で、紗部分が白というのを生かして、同系色の帯合わせにしてみたのですが、真夏の茶色は大人の資格がある人だけが着こなせる色ですよね。

IMG_52202.jpg
写真2番目は、有松絞の浴衣と合わせてみました。有松独特の技法によって染められるものですが、制作したのは藤井絞で、有松の下請けで作っています。これじつは、豆絞りの本当の姿です。現代の豆絞りの手ぬぐいは捺染のドット模様ですが、それでは「絞り」ではありません。しかしながら、1粒ずつ縫い絞りをしていたのでは美術品にはなっても手ぬぐいにはなりません。折りたたんで圧力をかける絞りで、豆のような粒状を模様を作ったんですね。

この浴衣のばあい、豆絞りの技法で作っていると思われますが、粒が長いですね。これをもっと丸くした本物の豆絞りの手ぬぐいも有松ではつくっているらしいです。手ぬぐいとしては高いと思いますが、興味のある方は探してみてください。

ここでは、藍と茶の配色はじつは美しいということを証明するため合わせてみました。

IMG_52342.jpg
写真3番目は、雪花絞の浴衣を合わせてみました。雪花絞は本来有松の技法であり、これも藤井絞が有松に発注して作ったものです。これは色合わせではなく、柄合わせです。

IMG_07052.jpg
写真4番目は、三勝の浴衣を合わせてみました。三勝ではこんなタイプのデザインの浴衣も作っています。シンプルな縞に正反対の唐草模様です。

IMG_52292.jpg
写真5番目は、藤井絞の浴衣を合わせてみました。絞りによるグラフィックデザインのような浴衣です。直線のグラフィックVS曲線の伝統的な唐草模様です。
スポンサーサイト
[ 2017/05/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1393-139218e5