七野の麻の名古屋帯(8寸)

第三千七百五十七回目の作品として、七野の麻の名古屋帯(8寸)を紹介します。

昨日紹介した宮岸織物(1393)は8寸の麻の名古屋帯も織っています。縞も織っていますが、今日紹介するのは具象的な模様の帯です。帯合わせもしていますが、ふだん4寸の帯を合わせる浴衣に8寸の帯を合わせると、ややフォーマル方向になります。

IMG_06922.jpg
いちばん上の写真はお太鼓です。

IMG_06952.jpg
写真2番目は拡大です。地は昨日と同じ平織ですが、模様部分は絵緯糸で表現されています。絵緯糸には細い抑え糸が使われています。表示は「麻100%ただし抑え糸を除く」とありますが、これがその麻でない抑え糸ですね。

img-30002.jpg
写真3番目は、近江ちぢみと合わせてみました。

IMG_53692.jpg
写真4番目は、別の柄を近江ちぢみと合わせてみました。

IMG_06982.jpg
写真5番目は、絹紅梅と合わせてみました。絹紅梅あるいは綿紅梅は、細い糸の間に経緯ともに一定間隔で太い糸を混ぜて織った生地で、両者の高低差から生地が肌にぴったりつかず涼しいというものです。生地に高低差があるので「勾配」で、それを江戸っ子らしい駄洒落で「紅梅」といったものです。江戸時代の文というのはかな表記が多く、どちらも「こうはい」ですから、駄洒落が思いつきやすかったのでしょう。

「絹紅梅」というのは、生地の素材と織の組織について言っているだけで、加工については言っていません。つまり加工は自由で、浴衣のようなカジュアルにすることもありますし、縮緬にするような多色の小紋にすることもあります。付下げや訪問着に染めることもできるでしょうね。この例では、藍染で浴衣のようにしています。

IMG_06992.jpg
写真6番目は、初山一之助の長板藍染の浴衣と合わせてみました。浴衣の模様がこまかくてごちゃごちゃしているので、帯の模様は余白が多いものにしてみました。
スポンサーサイト
[ 2017/05/26 ] カジュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1391-93f9105b