龍村のパーティー用のバッグ

第三千七百四十五回目の作品として、龍村のパーティー用のバッグを紹介します。

大きさは18cm×14cm×5cmで、フォーマル用のパーティーバッグです。

IMG_43132.jpg
いちばん上の写真は、「咸陽宮鱗文」の裂を使ったパーティーバッグです。咸陽宮というのは秦の始皇帝の宮殿です。そんな紀元前の裂が残っているはずがないと思われるでしょうが、細川家由来の品を保管する永青文庫が所蔵している元時代の絵画の表装に使われている裂で、その絵画は咸陽宮の情景を題材にしているということなのです。

IMG_05112.jpg
写真2番目は、色違いです。

IMG_05102.jpg
写真3番目は、底のフレームがある部分を中心に近接で撮ってみました。今回のバッグは金属のフレームが付いていて、型崩れしなくていいですが、ちょっと重いです。

IMG_05132.jpg
写真4番目は、チャツポンが使い勝手を確かめてくれています。フレームがついているおかげで、マチが有って中は結構広いです。

IMG_44152.jpg
写真5番目は、実際の使用状況をモデルさんを使って再現してみました。
スポンサーサイト
[ 2017/05/14 ] 小物と小物合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1379-2439e061