花也の付下げ「道長取り更紗模様」の細部

第三千七百三十九回目は、花也の付下げ「道長取り更紗模様」の細部です。

今日は迷宮感覚を味わっていただくように細部を近接で撮ってみました。

IMG_00852.jpg
いちばん上の写真は細部の近接です。更紗模様の背景に斑点の模様が有りますが、これが単なる更紗を越えた濃厚な感覚を生んでいるのだと思います。技法としてはダンマル描きで、蝋染特有の半防染という特質を生かしているために、くっきりした友禅と共存できているとともに、遠近関係が成り立ち絵に奥行きが生じているのです。

IMG_01042.jpg
写真2番目は細部の近接です。一部の花や葉の輪郭は、友禅の白い糸目ではなく青い輪郭線になっています。これは仕上げ段階で糸目の上から筆で描かれたもので、技法で言えば辻がなどにつかわれる「描き絵」です。

IMG_02692.jpg
写真3番目は細部の近接で、斜めから撮ってみました。一部の輪郭線は銀彩になっています。普通の友禅であれば金彩にするところですが、青系に合わせるため銀彩になっています。そのため涼し気な感じも生じ、単衣で着られそうです。

IMG_02712.jpg
写真4番目は細部の近接です。着物雑誌の写真のように生地にしわを寄せて撮ってみました。

IMG_00812.jpg
写真5番目は細部の近接です。マエミ辺りで、花弁に銀糸のあしらいがあります。

img-036.jpg
写真6番目はほぼ同じ場所の比較です。比較のために多色作品のほぼ同じ場所の写真を掲載してみました。こちらは熱帯雨林に紛れ込んだような雰囲気です。

IMG_00802.jpg
写真7番目は細部の近接です。

img-0382.jpg
写真8番目は同じ場所の比較です。チラッと見ただけでは、同じ図案だということは気が付かないのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2017/05/08 ] 友禅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1373-353ae0ab