千切屋治兵衛の名古屋帯「高砂」(実際の制作は倉部さん)の続き

第三千七百三十三回目は、千切屋治兵衛の名古屋帯「高砂」(実際の制作は倉部さん)の続きです。

IMG_91322.jpg
いちばん上の写真は、お太鼓の近接でメインの模様です。細かいところにかなり近接した画像です。金描きで写生的な表現をしています。塩瀬の生地の目と比較していただくととても細密なことがわかります。この職人さんの技術は凄いですね。

IMG_91232.jpg
写真2番目は、お太鼓の近接で色紙の重なる部分です。色紙の輪郭線は、端正というよりも意外と手描き感のある温かみのある線です。青い色紙には、振り金砂子(箔の切り屑を細かくして竹筒に入れ、オトシ刷毛で揉み落として砂子状に撒くもの)またはオトシぼかし(金網を使って霧状に金粉を撒く方法、現在はエアブラシも多いのではないか?)という技法が多用されています。一方、茶の色紙には切箔といわれる、いろいろな形に切った箔を撒く技法が使われています。

今ここで、「切箔」「振り金砂子」「オトシぼかし」という3つの金箔の技法を紹介しましたが、これらは大きさの違いで、たいていは併用されることが多いです。箔を貼るときは模様の形に切って不要な部分が生じますが、それを細かくして切箔として使い、さらに細かくして金砂子として使い、さらに細かくしてオトシぼかしとして使うのでしょう。たいていすべて併用して1つの作品になっているものです。

IMG_03092.jpg
写真3番目は腹文の近接です。書道で文字がかすれた部分を飛白といいますが、この作品では金描きの松の枝で意識的に飛白表現をしています。「高砂」では、図像学的には老松であるべきですが、この作品では若松になっています。実際に作品を見ると、この部分は老松の曲がりくねった枝を描くよりは、若松の方がお洒落ではないかと感じます。あまり「高砂」のテーマに忠実すぎると結婚式専用みたいになってしまいますしね。

IMG_91242.jpg
写真4番目は、お太鼓の裏側です。金描きは裏に透けないので、友禅部分だけが見えます。金描きをする前の工程ではこんな感じだったんですね。

IMG_02782.jpg
写真5番目は、色紙の青を生かした帯合わせをしてみました。合わせた着物は松枝哲哉さんの久留米絣です。藍が明るいのが特徴で、色に共通性が有るので選んでみました。
スポンサーサイト
[ 2017/05/02 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1367-bd1be037