2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

野口の手挿しの訪問着の帯合わせ

第三千七百三十一回目は、野口の手挿しの訪問着の帯合わせです。

昨日と同じように染め帯を合わせていますが、昨日は絵画的な作品を避けたのに対し、今日は堂々と絵画をぶつけて勝負してみました。

IMG_02402.jpg
いちばん上の写真は、北秀の塩瀬の袋帯を合わせてみました。実際に制作したのは大松で、当時の北秀の企画によるものです。古典的な花の丸文様の様式ですが、花は更紗に鳥は鸚哥に変わってエキゾチックな作品になっています。樹木+鳥の組み合わせです。

IMG_02422.jpg
写真2番目は、北秀の塩瀬の袋帯を合わせてみました。実際に制作したのは木下冬彦さんで、当時の北秀の企画によるものです。木下さんは熊谷好博子の弟子で、細密な東京友禅を描いていました。樹木の途中に海景を持ってきました。意味がつながらない帯合わせと、意味が重複する帯合わせを考えると、私は、意味が重複するよりつながらない方がマシだと思うのです。

IMG_02412.jpg
写真3番目は、野口の辻が花写しの袋帯を合わせてみました。根津美術館が所蔵する有名な辻が花裂に取材したものです。本歌はすでに小袖の形態を保たない裂であるため、どちらが天地かわかりません。丸を天と思うと、丸は花、三日月形は草であり平凡な草花模様です。三日月を天と思うと、丸は太陽、三日月形は月であり雄大な天体ショーです。

現代人には天体ショーの方が受けるので、野口は天体ショーとして解釈しているようです。この帯合わせは、帯を貫く勢いの良い樹木が相手ですから、雄大な天体ショーで良いですよね。

IMG_02612.jpg
写真4番目は、加賀友禅作家、木村雨山の塩瀬の名古屋帯「立山連峰」を合わせてみました。雨山は日展に出品していたこともありますが、この作品は加賀友禅作家というよりは日展作家を思わせるフォービズム的な作品です。フォービズムは日本画家にも大きな影響を与え、かつてフォービズム的な作風の日本画家もいましたから、その流れかとも思います。油絵のような強いタッチですが、そのように見せるために胡粉を多用しており、手触りはゴワゴワです。折りたたまない帯のお太鼓ですから実害はありませんが、気持ち良くはないですよね、身に付けるものと言うより純粋に芸術作品としてつくられたからでしょう。

IMG_02622.jpg
写真5番目は、羽田登喜男の縮緬地の名古屋帯を合わせてみました。優れた作品だとは思いますが、人間国宝指定後に大量に帯を作ってしまったため、今でもネットショップでよく売っていてありがたみが無くなってしまいました。これはごく初期のもの。
スポンサーサイト
[ 2017/04/30 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1365-29658525