2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

野口の手挿しの訪問着の帯合わせ

第三千七百二十九回目は、野口の手挿しの訪問着の帯合わせです。

今回の帯合わせの難しい点は、着物が2本の樹木の根元から梢までの絵として完成していることです。その完成した絵に対し帯で別の絵を加えることの是非ですね。昨日は、間道など意味のない文様を合わせて、絵を加えることを避けました。今日は、考えながら絵や意味のある帯を合わせてみたいと思います。

IMG_87222.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「厳島花鳥蝶文錦」を合わせてみました。樹木だけを描いて絵として完成した着物に、もし不足するものがあるとしたら、それは梢にいるはずの鳥かな、ということで鳥の居る帯を合わせてみました。都合よく蝶もいますね。

IMG_87312.jpg
写真2番目は、龍村の名古屋帯「双鳥花文」を合わせてみました。これも樹木に鳥を止まらせるつもりで合わせてみました。

IMG_87262.jpg
写真3番目は、紫絋の袋帯「臈纈花鳥文」を合わせてみました。これも鳥狙いです。

IMG_87282.jpg
写真4番目は、大西勇の袋帯「有栖川龍文」を合わせてみました。江戸時代の小袖にある立木模様は、1本の樹木を根元から梢まで堂々と描いたものですが、この作品はその現代的翻案だと思います。しかし、江戸時代の立木模様はじつは、インドの「生命の樹」の翻案だそうです。元が宗教的な意味を含んだ神聖な木であれば、空には龍が飛んでいても良いか、ということで。

IMG_87182.jpg
写真5番目は、洛風林の袋帯「飾宝華文」を合わせてみました。「華文」「唐草」「更紗」のような、元が植物からインスピレーションを受けた文様は、樹木に対してどうでしょうか。もう文様になってしまったから関係ないのか、まだ植物どうしということで意味が重なるのか。

IMG_87212.jpg
写真6番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。上の例をもう1度試してみました。こちらは配色にインパクトが有って、模様の中味は忘れてしまうかも。

IMG_87292.jpg
写真7番目は、大西勇の袋帯「正倉院象文」を合わせてみました。この帯の元絵は、「正倉院御物臈纈屏風」で、象と樹木からなっています。この帯の意匠はそれをそのまま写したものですが、樹木部分は帯として締めると隠れてしまいます。その隠れた樹木を着物の模様で復活させてみたという、芸の細かい帯合わせです。
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1363-8dc5598b