2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の絽の名古屋帯「花音」の帯合わせ

第三千七百二十五回目は、龍村の絽の名古屋帯「花音」の帯合わせです。

今日は思い切りカジュアルに合わせてみます。普通は龍村の帯はこんな風に使わないかもしれないですね。帯合わせにおいてフォーマルとカジュアルとでギャップのあるものを合わせると、バランスが悪いとも言えますが、着て行ける場が広くなるとも言えます。どちらになるか、色やデザインを上手く合わせればなにもかも上手く行くものです。

IMG_86802.jpg
いちばん上の写真は、ポーラを合わせてみました。ポーラは、poralの意味で、ウールのうち撚りの強い梳毛糸 (そもうし)で平織りにした織物を言います。さらさらとした手触りで通気性がある夏物のウールです。梳毛糸というのは、長くて良く揃った羊毛を紡績工程でよくくしけずって繊維を直線状に引伸ばしたものです。

日本語の「ポーラ」というのは、おそらく商標登録されたネーミングで、その会社はすでに生産を中止しているのではないかと思います。今もポーラの相当する着物はいくつかのメーカーから出ている」ようですが、サマーウールの仲間として別の商品名になっています。「サマーウール」という言葉が一般語なのか、誰かの商標であったのかその辺はわかりません。

IMG_86812.jpg
写真2番目は、ポーラを合わせてみました。ここで紹介しているポーラは、商標を持つメーカーのポーラです。昨年、高梨という問屋で掘り出し物としてまとめて買ったので、本来のメーカーは生産中止していると知った次第です。そのようなものは、早く処分すべき無用なものと考える人と、確保しておかないともう見られない希少なもの考える人がいます。無用なものと考える人から買い、希少なものと考える人に売るのが商人の仕事ですよね。

IMG_86832.jpg
写真3番目は、小千谷縮を合わせてみました。ラミーで織られたお洒落な夏の着物です。無地、縞、格子、経絣、経緯絣が有って、値段も段階になっています。これは縞のようですが、縞が途切れているのでその場所を防染しているわけですから経絣ですね。

IMG_86862.jpg
写真4番目は、小千谷縮を合わせてみました。これは白、淡いベージュ、ベージュの3色の麻の糸を使った格子です。経緯の糸を、白×白、淡いベージュ×淡いベージュ、淡いベージュ×ベージュ、ベージュ×ベージュと組み合わせることで4つの色の面ができます。写真で見える4つの面がそれですが、それを意匠にしているわけです。織物を意匠を考えることは図形の問題を解くような感jですね。

IMG_86872.jpg
写真5番目は、近江ちぢみを合わせてみました。小千谷縮と同じラミーで織られた夏のカジュアルです。織っているのは、愛荘町にあって近江上布の織元である川口織物です。小千谷縮より少し安いですね。どちらが良いかと言えば、お洒落なカジュアルですからデザインで選べば良いと思います。

IMG_86792.jpg
写真6番目は、奥順の「結城手織ウール紬」を合わせてみました。奥順というのは、結城紬のいちばん有名な織元ですが、かつてウールを織っていたことがあったとは、相当着物に詳しい人でも知らなかったのではないでしょうか。小幅で経緯の絣を合わせた織物ですから、そんなものを機械で大量生産したとは考えにくく、本当にウールを手織りしたんだと思います。文化財の結城を織らせることができない初心者の織り手を使ったのか、当時の状況はわかりませんが、ウールの結城紬があると言ったらオーパーツですよね。

スポンサーサイト
[ 2017/04/24 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1359-b6388ffd