花也の刺繍と白揚げ友禅の名古屋帯

第三千七百六回目の作品として、花也の刺繍と白揚げ友禅の名古屋帯を紹介します。

刺繍は、先日の付下げと同じ鹿児島寿蔵の人形の衣装に使われている模様に想を得たものです。白揚げ友禅は、寺などにある石畳を意匠化したものではないかと思います。ただ「石畳文」または「石畳模様」と言ってしまうと市松模様と同じ模様を意味することになってしまうので、名前を付けにくいです。

石畳文と市松模様は同じパターンですが、私のばあいは、遠州緞子のように佐野川市松より前のものに付いては「石畳文」、佐野川市松以後のものについては「市松模様」と分けて表記しています。

IMG_71332.jpg
いちばん上の写真はお太鼓です。刺繍は5個でお太鼓の中に納まりますが、石畳の模様はお太鼓をはみ出しています。無駄なようですが、お太鼓の中だけで納めようとすると絵が縮こまることがあるので、このようにはみ出す表現をしたのだと思います。ドガの競馬の絵でも、わざと馬が途中で途切れる表現をしたものがありますね。

IMG_71442.jpg
写真2番目は腹文です。刺繍は片側だけですね。実際に締める時は折るわけですが、友禅は見えないところに描いて無駄にしても、コストの高い刺繍は惜しいわけです。

IMG_71362.jpg
写真3番目は近接です。石畳部分を見ると、四角い模様の縁に乳白色の部分があります。ちゃんと糊糸目を置いているようです。

IMG_71372.jpg
写真4番目は近接です。

IMG_71482.jpg
写真5番目は近接です。他の箇所では刺繍と友禅が重なることはありませんでしたが、全体でここだけ模様が重なっています。模様を多く見せるには、重ねないで面積を稼ぐ方が良いですが、多少は面積を犠牲にしても模様を重ねた方が、意匠に遠近感が出て奥行きが生まれます。

IMG_71492.jpg
写真6番目は裏側です。刺繍の技法がわかります。
スポンサーサイト
[ 2017/04/05 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1339-34ad4e1f