2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

花也の友禅の名古屋帯「市松取り笹に桜」の帯合わせ

第三千六百九十七回目は、花也の友禅の名古屋帯「市松取り笹に桜」の帯合わせです。

今日は染めの着尺に合わせてみました。桜がテーマの帯にはどんな着物を合わせたらいいでしょうか。幾何学模様や亀甲などの伝統的なパターンなら大丈夫ですが、具象的なテーマは意外と難しいです。桜に梅や杜若を合わせて競争させるわけにもいきませんしね。

IMG_86522.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺を合わせてみました。手描きの蝋染の格子を合わせてみました。このような幾何学模様は合わせやすいですね。桜の背景として青空をイメージして合わせてみました。

IMG_86532.jpg
写真2番目は、野口の着尺を合わせてみました。こちらも上と同じく手描きの蝋染の格子を合わせてみました。上の例は桜と青空というクリアな組み合わせでしたが、こちらは江戸の粋みたいな茶と鼠を合わせてみました。

IMG_86582.jpg
写真3番目は、野口の着尺を合わせてみました。飛び柄の花模様を合わせてみました。花は型染で、周囲がぼかしになっています。しぼの大きい縮緬なので暈しが効果的です。花の種類は特定できず季節もわからないので、帯の桜に対して干渉することはないと思います。

IMG_86562.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。雪輪を合わせてみました。季節の流れとしては、雪→梅→桜ですが、雪輪はどの季節でも許されるモチーフで、雪輪と桜を直接並べた意匠もありますね。

IMG_87062.jpg
写真5番目は、南部古代型染の着尺を合わせてみました。盛岡の蛭子屋(小野さん)が染める藍染の着尺です。蛭子屋さんは南部藩の御用染として江戸初期に京都から招へいされた染屋さんです。江戸時代は藍で裃の模様など染めていたのでしょうが、明治以後は藩の庇護を失い、かわって女性用の着物を染めるようになりました。現在は、優れた伝統工芸品として江戸時代以来の意匠の型紙を使って制作しています。
スポンサーサイト
[ 2017/03/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1330-ca9232ca