2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

女児のお宮参りの着物

第三千六百八十回目の作品として、女児のお宮参りの着物を紹介します。

IMG_75742.jpg
いちばん上の写真は全体です。

IMG_75862.jpg
写真2番目は、背中の模様で、おばあちゃんが孫を抱いて掛けた時にいちばん見える場所です。

IMG_75772.jpg
写真3番目は、普通の着物で言えばマエミにあたる場所ですが、掛け着としての本来の用途では特に意味のある場所ではありません。七五三の着物に流用する場合は前姿のいちばん大事な場所になりますね。昨日の小倉貞右のお宮参りの着物も七五三に流用すればちょうど良い模様配置になります。

IMG_75842.jpg
写真4番目は袖です。どこの場所も同じ模様のように見えますが、鶴のポーズも若松の形も全部違います。決して型を繰り返し使っているわけではありません。技法としては手描きか手挿しだと思います。

IMG_75782.jpg
写真5番目は、背中の裾の方です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1313-e410d186